投資理念

「秒速5センチメートル」と【一歩踏み出す勇気】

投稿日:

「秒速5センチメートル」と【一歩踏み出す勇気】

卒サラです。

先日初めて、
アニメ映画の「秒速5センチメートル」を見ました。

アニメの第一人者である
「新海誠監督」の2007年の作品です。

あまりアニメは見ないのですが、
コロナで外出できないこともあり、観ました。

私がこの映画を見て、
今私がブログで発信している投資にも必要な、

【一歩踏み出す勇気】について、

思ったことを、お伝えしたいと思います。

話のネタが分からないと、伝えたいことが伝わらないので、
2007年の話でもあり、既にテレビ放映されている様なので、
ネタばれについてはご容赦下さい。

 

■「秒速5センチメートル」映画概要

 

既に、映画をご存じの方は、次の章に行ってもらって結構です(^^)

映画自体は、63分の短い映画で、その中に
「桜花抄」
「コスモナウト」
「秒速5センチメートル」
と時代を分けて3作の短編映画の連作になっています。

第一編「桜花抄」

 

物語のスタートは、東京の小学校です。

主人公の遠野貴樹(とおのたかき)と
篠原明里(しのはらあかり)が小学校で出会い、
精神的にも似通っていたことから、一緒に過ごしていました。

明里が、小学校卒業ととも栃木の田舎の方に引っ越して、
その後文通を重ねる。

その後中1の終わりに、貴樹も鹿児島に引っ越すことが決まり、
その前に明里に会いに行きます。

運悪く、その日は大雪が降り、電車が大幅に遅れますが、
貴樹は、約束の時間19時から大幅に遅れ深夜に到着します。

明里は待ち合わせの小さい駅に一人で待っていて、
二人はようやく再開し、そのまま近くの納屋で夜を明かします。

第二編「コスモナウト」

 

貴樹は鹿児島の高校進学し、高校3年生の物語になります。

このストーリーのみ、第一人称は、
主人公の貴樹ではなく、貴樹に片思いするクラスメイトの
澄田花苗で、その心の内を描写しています。

花苗は、貴樹に思いを寄せて、
意を決して想いを伝えようと決心します。

しかし丁度その日、種子島からロケットが発射され、
それを見た花苗は、

貴樹を遠く飛んでいくロケットと重ね、
貴樹はいつもどこか遠くをみていて、全く自分を見ておらず、

そのまま遠くに行く(東京の大学に行く)のだと悟り、想いを伝えぬままとなります。

 

第三編「秒速5センチメートル」

 

再び第一人称は、貴樹に戻ります。

時は流れ、貴樹は社会人となり、
何かに追われるように仕事をしていた。

3年間付き合った彼女からは、「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と言われてしまう。

ずっと追い続けていた想いが、実はもう心の中には微塵もなかったことに気づき、勤めていた会社も辞めてしまう。

次の春、小学校の時に明里と見た桜を見に行く。

踏切を渡ると、一人の女性とすれ違い、
二人はふと振り向こうとするが、電車にさえぎられて、
列車が無くなると、女性の姿も無くなっていました。

タイトルの
「秒速5センチメートル」は、
二人が小学生の時に桜を見たときに、
桜の花が落ちていく速度が
「秒速5センチメートル」だと言ったことに由来します。

 

■足らなかった【一歩踏み出す勇気】

 

第一編の「桜花抄」で、

貴樹は、中1の終わりには、東京から鹿児島に転向するということで、
思い切って明里に会いに行きます。

【一歩踏み出す勇気】が有ったというよりは、
やむにやまれず、というか状況に押されたということでしょう。

その後の第二編の「コスモナウト」では、

貴樹に片思いする花苗は、
何度も貴樹が誰かに携帯メールを打っているのを見たので、

「きっと彼女にメールを打っている」のだと勝手に悟ってしまって、
結局何も打ち明けないまま諦めてしまいます。

花苗には、
・自分の気持ちを伝える勇気、

・貴樹の行動(メールの相手)を確かめる勇気

・貴樹の気持ちを確かめる勇気

という【一歩踏み出す勇気】が無く、そのまま恋は終わってしましました。

 

 

貴樹の方は、貴樹の方で、

明里に携帯でメールを書いていますが、
結局発信しないまま、そのメールを削除する、
ということを繰り返していました。

貴樹も【一歩踏み出す勇気】が無く、
結局、明里とは疎遠になってしまいます。

第三編の「秒速5センチメートル」では、

貴樹が結局、明里とはきちんと連絡できないまま、
(恐らく大学の時も)社会人になっても引きずっていました。

映画では何かに憑かれた様に仕事をしていますが、
「何を求めてがむしゃらになっているのか分からなくなった」

目標=明里
だったのが、

いつの間にか
目標=仕事、にすり替わり

明里のことが、
すっかり心からなくなっていたことに気づいたら、
目標自体も失ってしまい、仕事もやめてしまったということです。

【一歩踏み出す勇気】が無く、
結局、取り戻しができない運命を選んでしまった、
ということでしょう。

映画の最後でエンディングテーマである
山崎まさよしさん
「One more time, One more chance」が流れます。

「One more chance 記憶に足と取られて
One more chance 次の場所を選べない」

と悲しく響いていきました。

まさしく、山崎まさよしさんが、
「【一歩踏み出す勇気】が足りないんだよ」
と訴えている様です。

 

投資と【一歩踏み出す勇気】

 

投資にも、【一歩踏み出す勇気】は必要です。

投資にはリスクがありますからね。

勇気が無くて、投資に対して全く一歩も踏み出せないのもダメですし、

勇気もなく、投資をバンバンするのも、資産が無尽蔵にあるのならば良いですが、
限られた資産を投資するのですから、全く何も感じないというのも危険ですね。

映画のヒロインであり、高樹の目標であった「明里」
このブログでお伝えしている「投資」と置き換えてみると、
投資版「秒速5センチメートル」のストーリーでは、
こう置き換わります。

最初投資をしてみた。
始めは、なかなか難しかったが、
なんとか、スタート出来た。

けど、その後が続かなかった。

環境が変わってしまって、
投資からは遠ざかってしまった。

その後、何度も投資をしようと思っていたが、

思っているだけで、結局勇気が無くて、
投資をするチャンスを見逃してしまった。

結局、
投資しようと思っていたことすらも忘れてしまい、
日常に没頭してしまって、というよりも
他のことに夢中になってしまっていた。

今度は投資から、自分の方に近づいてきて来ているのに、
結局気づかない、もしくは気づくのが遅くて、
とうとう投資、二度と投資とは縁が無くなってしまった。

という感じでしょうか。

 

大事なことは、、、

 

私が勝手に解釈した
上記の投資版「秒速5センチメートル」では、

【一歩踏み出す勇気】がなく、
初めて(もしくは再度)投資をしようと意気込んだが、
少し(大きく?)失敗し、その後は
結局投資から遠ざかってしまった、
ということになりました。

でも、投資に大切なことは、
以前からお伝えしていますが、

・資金管理
と、
・市場から撤退しないこと

です。

新解釈版「秒速5センチメートル」では、
目標を何年も想い続けますが、
結局諦めて、しまいます。

有名なアメリカ思想家である、
Elbert Green Hubbardは、
こう言っています。

「人生における最大の失敗は
失敗を恐れ続けることである。」

「人生で成功できない人に共通しているのは
せっかくの失敗を経験として
生かすことが出来ないことである」

と。

諦めてしまうと、そこで終わりです。

年金2000万円問題の時も言いましたが、
私たち、まだ労働している世代の人々は、
年金を十分に貰う事ができません。

2000万円かどうか、はともかく、
何か通常のサラリー以外で、資金を稼ぐ必要があります。

 

サラリーマンでも、
夫婦二人で、例えばそれなりの企業に勤めていて、
そこそこ二人で給料をもらって、ダブルインカムであれば、

部長レベルの給料、もしくはそれ以上の収入なので、
特に何も考えなくても良いかもしれませんね。

 

そんな環境でなければ、
やはり、年金2000万円問題は避けられないですね。

そうでなければ、70歳になっても、80歳になっても
その日に食べるために、交通整理などの
アルバイトをしなければいけないハメになります。

 

なので、私たちは何らかの手段で、
今のうちに十分なお金を稼ぐ必要があります。

 

なので、【一歩踏み出す勇気】を忘れないでほしいです。

そうは、分かっていても、
人間は心は言う事を聞いてくれません。

心は、
「楽をしたい」
「現状維持したい」
とどうしても、思ってしまいます。

そして、そのまま
【一歩踏み出す勇気】を持たずに、放置してしまうと、
どんどん不安は大きくなって、
その不安で、また動けなくなってしまいます。

そう、「秒速5センチメートル」の
主人公、遠野貴樹の様に。

では、どうしたら、
【一歩踏み出す勇気】を持つことができるでしょうか?

 

それは『行動すること』です。

 

もちろん投資に対して、ということであれば、
「投資自体」もそうですし、

そのための「情報を集めること」でもいいですし、

「いろんな本を読むこと」もそうです。

とにかく『行動すること』です。

『行動すること』で、あなたの周りの景色が変わってきます。

もし、あなたが今、
投資について(その他のことでも)
諦めていたり、踏みとどまっている様であれば、

何かしら一歩(一読、一調査、なんでも!)の
行動をして下さい。

何十年後に後悔しない様に、
今、動いておきましょう!

「秒速5センチメートル」
のエンディングテーマ

山崎まさよしさんの
「One more time, One more chance」

は、ずっと後悔をしている歌ですが、
歌詞の最後には、

「命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど」

と決断をします。

不安な今だからこそ、一歩を踏み出しましょう。

機会があれば、映画をご覧になってください。

映画の最後はノスタルジックに終わりますので、
感傷に浸るだけでなく、
「そうならないように、よし頑張ろう!」
で終われば、嬉しいです。

投資、もしくは他のことでも
あなたの気持ちが、
ちょっとでも前向きになれたら嬉しいです。

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

-投資理念

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.