DaimondsCapital 仮想通貨

【ダイヤモンドキャピタル】は凄い!コロナからの大逆転!

投稿日:

卒サラです。

コロナウイルスはまだまだ収束しそうにありませんね。

大阪、兵庫では移動をしないように政府から要請がありましたが、

全国的に、基本的にはあまり動き回らない方良さそうですね。

 

外に出なくても、

私が案内している各案件は、稼いでいくことが可能です。

 

近況について

コロナウイルスが猛威を振るって、

未だに回復の兆しが見えませんが、

投資を休むわけにもいきませんね。

株が暴落し、株価の資産は3割ダウン、

ひどいものは半分くらいになってますね。

仮想通貨もほぼ半分になってます。

仮想通貨を持っていた方は資産も約半分になっていますね。

 

私のBANDのグループの方も、

株や仮想通貨でかなりの損害を被ったかたもおられる様です。

 

ただし、DiamondsCapitalに投資していた方については、

損害をある程度回避されている、と思います。

それについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

相場について

 

「休むも相場」と言われていますが、

それは、株式やFXの世界の話です。

 

株式やFXは、相場が上がったり、下がったりします。

また、ほとんど動かない時もあります。

 

「休むも相場」という意味は、

損をして頭に血が上って無理やり資金を投入(オールイン)しないように、

という意味と、

あまり動かない相場の時はじっと待ちましょう、

という意味が込められています。

 

仮想通貨も同様です。

上がったり下がったりします。

そんな中で、相場に左右されない、もしくはほとんど左右されない案件が、

DiamondsCapital(ダイヤモンドキャピタル)になります。

 

DiamondsCapitalは、相場を休む必要はありません。

なぜなら、平日毎日配当が入りますので、

運用を休むと、その分逆に配当が入らないことになりますので、

利益を取り損ねることになってしまいます。

ダイヤモンドキャピタルの投資について

 

12月初旬に私はダイヤモンドキャピタル(DiamondsCapital)をスタートしました。

私からこの投資案件の案内後に12月からスタートした方は、

既に約3か月経っていますので、元々の資産から2倍になっています。

 

(運用などの詳細はこちらを参照にして下さい)

 

ダイヤモンドキャピタルでの運用は、

0.1BTCの投資だと日利2%なので、1か月で40%の配当になります。

2.5か月で配当は100%になりますので、要は資産が2倍になるという事です。

 

今回の暴落での価格変動の影響について

 

12月にダイヤモンドキャピタルをスタートした方はすでに資産は2倍になっています。

しかし、今回12月の価格からすると、仮想通貨は約半分になっています。
(半分よりは回復していますが、計算を簡単にするために半分ということにします)

ここで、DiamondsCapitalに投資していた場合をシミュレーションしてみましょう。

 

①USD建てで投資した場合

まずは、DiamondsCapitalを『USD建て』で投資していた場合です。

USD建てで預けている資産の価値は動いていませんので、

1000ドル投資していれば、2.5か月経った今、約2000ドルになっています。

 

もし、1万ドル(約100万円)投資していれば、日利2.3%

2.5か月なら2.15万ドル(約215万円)になっていますね。

200万円ということであれば、2か月と6日で達成します。

 

1万5千ドル以上であれば、日利2.5%になりますので、

ちょうど2か月で、2倍になります。

 

ドル建てで投資していれば、ドル円の為替影響がでますが、

数か月の範囲だと、多くても±10円程度の差ですので、

株や仮想通貨の暴落は全く関係ありません。

 

この状況で短期間に資産は2倍になっていますので、最強の投資と言えます。

 

仮想通貨の上昇局面では、USD建てで預けているので、

預けている資産価値自体が増えることはありませんが、

逆に、仮想通貨の下落局面でも、預けている資産が減りませんので、

安定した利益を得ることが可能です。

 

②仮想通貨建てで投資した場合

では、DiamondsCapitalを仮想通貨建てで投資していた場合はどうでしょうか?

ここでは簡単に計算するため、

1BTC(ビットコイン)=100万円で投資したとして、

現在の1BTCの価格は50万円になったとしましょう。
(実際は、もう少し価格が上がっていますが、、、)

12月に1BTCをDiamondsCapitalに、BTC建てで投資したとして、

3月には2倍になっていますので、2BTCになっています。

 

でもビットコインの価格については、

12月は1BTC=100万円でしたが、

3月は1BTC=50万円になっています。

 

資産は2BTCになっていますので、2BTC=100万円となりますので、

円で換算すると、12月の資産と一緒になり、減っていません!!

 

ビットコインをそのまま保有していれば、資産は半分になっていたのですが、

DiamondsCapitalに投資していたことにより、

2.5か月後にビットコインの価格が半分になっても、

ドル換算(≒円換算)の資産はそのまま確保されているのです!!

 

これってすごい事ですよね。

 

ダイヤモンドキャピタルは仮想通貨下落のヘッジ

 

DiamondsCapitalに投資していたことにより、

仮想通貨下落に対して、かなりのリスクヘッジが出来たことになります。

ヘッジするどころか、増えていきますし。

 

また、ビットコインの価格が100万円まで戻れば、

資産は2BTC=200万円なりますので、勿論資産は倍になります。

そのころには、さらに配当も入っているでしょう。

もし、BTCの価格がそのままだとしても、

配当のあった1BTCは出金して、1BTCはそのまま運用すれば、

また次の2か月ちょっとで、更に1BTCの配当がありますので、

合計3BTC=150万円になります!

 

12月の100万円から考えると、1.5倍になっています。

この相場の中で、わずか4~5か月で1.5倍なので、これでも十分でしょう!

 

まとめ

 

読んで頂いたように、ダイヤモンドキャピタルは、

最高の投資案件で、

なおかつ、最高のリスクヘッジ案件と言えます。

 

今からダイヤモンドキャピタルの投資を行う場合は、

■確実に行くなら、『USD建て』

■今後仮想通貨が上がると予測するなら『BTC』や『ETH』の仮想通貨建て

という選択になります。

 

まあ、かなり仮想通貨が下がりましたので、

今からなら仮想通貨建てがオススメになるでしょう。

 

もし、仮想通貨が更に下落するという不安がある方であれば、

USD建て、仮想通貨建てを半分ずつ投資する、という手もありますね。

 

但し、上にある表を見てもらえれば分かる通り、

投資額を上げていくと、配当率も上がります。

 

もし中途半端に、それぞれの通貨に分けて投資してしまうと、

配当率が下がってしまいますので、

そういう場合は、どちらに固めて投資した方が良いです。

 

例えば、

一方は1万ドルで投資、もう一方は1BTCで投資すると、

それぞれ配当は日利2.3%になってしまいます。

 

これを例えば1.5万ドル、もしくは2BTCのプランに一気に投資すると、

配当は2.5%になります。

 

どれに、どれくらい投資するのかは、一度ゆっくり考えてみて下さい。

*USD建ては、BTCやETHからも入金してUSDとして運用が可能です

 

注意事項

2.3%のプランは運用期間が35日

2.5%のプランは運用期間が40日と、

投資する期間が違いますので、注意して下さい。

運用期間はプラン別に25日~40日と違います。

 

運用が終わると、ウォレットに原資が戻ってきますので、

再度運用を再開しないと、配当が続きません。

 

運用が終わったら、すぐに運用を再開して下さいね。

 

DiamondsCapitalのホームページはこちら

DiamondsCapitalの登録はこちらから。

オススメの投資案件!!

新しい稼ぎ方!「Diamonds Capital(ダイヤモンドキャピタル)」

少額($20)から運用できるダイヤモンドキャピタル!
確実に配当が入ってきて、出金が直ぐに出来て便利で安心!!

月利の利益!バカラオートシステムNatural8

カジノ・バカラで夢のオートベットシステムで、自動で稼げる!
団体戦で負け知らず! 現在、SNSで情報公開中!
LINE@は、こちらから

もしくはBANDまで!

-DaimondsCapital, 仮想通貨

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.