ファイルコイン/E-FILE

【ファイルコイン】E-FILE最新情報

更新日:

卒サラです。

EーFILEですが、第二期の販売がスタートしています。

現在スペースレース(野球でいうオープン戦)中です。

 

今さらですがIPFSって何?

新しいインターネットのことです。

詳細はこちらです。

超重要!【ファイルコイン】E-FILE 投資案内

IPFSには、

・グーグル

・Facebook

・NetFlix

など、大企業が参加しています。

この名前を聞くだけで、このIPFSがどれくらい大事なのかどうか分かりますよね。

 

 

スペースレースについて

スペースレースのリアルタイム情報はこちらです。

T01248が、千河

 

スペースレース2の情報はこちらです。

E-FILE公式ツイッターはこちらです。

第二期販売について

第二期の特徴ですが、

✅1TBあたりの金額が60000円→63000円になっています。
 (ま、利益からすると、大した金額では無いですが、、、)

 *但し、10TB以上は、ボリュームディスカウントということで、価格は据置になっています。

✅2期に入りましたが、早めの申し込みで有れば、
 メインネット開通後、序盤にスタートが可能

✅中国の方も加熱しており9月が一旦の区切りになりそう。

✅マシン保守管理費が10%下がり、ユーザー還元率が50%から60% にアップ! 

 

E-FILE 第二期の公式HPはこちら

 

 

申込リンク

申込みはこちら、

紹介メールアドレスに、

info@sotsusara.com

を入力してください!!

 

結局どれがいいの?

ファイルコインマイニングについては、
100社近くマイニングをしています。

どれが良いのか?ということですが、
現在わかる範囲としては、やはり本番前の予備戦に当たるスペースレースでの結果から検討するしかありませんね。

E-FILEの1TBあたりの価格は、他社の廉価な所よりは少し割高になっている部分もありますが、
スペースレースの結果を見れば、わかるかと思います。

同じ1TBであっても、マイニング出来る量が全く違います。

効率については、どれくらいのボリュームのハードウェアでやっているのかにもよります。
すっごい少量で効率が良いと言っても、ボリュームを大きくしたときに、
どれくらい効率を維持出来るかどうかは、分かりませんよね。

やはり、トータルでどれくらいのボリュームを掘れているかどうか
で、判断するのが一番だと思います。

そう考えると、E-FILE(千河)が一番手だと思います。

もし、リスクヘッジを考えるので有れば、
E-FILEと別の企業のストレージを購入すれば良いかと思います。

 

 

 

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

-ファイルコイン/E-FILE

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.