投資理念

【初心者向け投資】失われた30年と今後の投資方針

投稿日:

卒サラです。
現在、GXTTゲインスカイの投資をオススメしています。

なぜ、GXTTゲインスカイを推すのか?
どうして、株式投資やFX、不動産では無く、GXTTゲインスカイに投資することにしたのか?
を日本の投資環境を再確認しながらまとめてみました。

みなさんの投資の考え方についてお役に立てれば幸いです。

 

日本の国際競争力

国際競争力とは?

WEFとIMDから国際競争力のデータが毎年出されています。

IMDは、スイスの有力ビジネススクールで、WEFは、世界経済フォーラムの事です。

WEFとIMDレポートには基本的な違いがあります。

 

WEFのデータ

WEFですが、毎年10月ごろの発表なので、昨年の10月の発表でですが、

下記の記事になります。

日本が5位から6位に落ちたという事です。

http://www3.weforum.org/docs/WEF_TheGlobalCompetitivenessReport2019.pdf

 

こちらは、日経の記事になります。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50776280Z01C19A0000000/

 

IMDのデータ

IMDの方のレポートは、WEFの約2倍の指標を用いてます。

その指標の2/3は、経済指標等のデータを基準にしていますが、
残り1/3は日本に関連する経営幹部6000人以上の意見調査を基準にしているということで、
要は人によるアンケートを基準にしているということです。

なので少し定量的では無いですが、統計では出てこない
「マネジメント慣行」「ビジネス規制」「労働市場」「姿勢・価値観」等を集計できている、とのことです。

2018年は25位

2019年は30位です。

日経新聞の記事はこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60412730W0A610C2FF8000/

2020年には34位になったということです。

 

こちらの資料は、内閣府の資料ですが、
WEFとIMDのわかりやすくまとまっています。
https://www5.cao.go.jp/keizai2/keizai-syakai/future2/20200330/shiryou2_3.pdf

 

日本の国際競争力の今後

どちらのデータにせよ、日本の競争力は右肩下がりです。

余程のインパクトがないと、上向きにはならないでしょうね。

 

コロナの影響と、菅新総理大臣の方針で、良い方向に変わるかどうかですが、
日本の世の中が、短期間に画期的に良い方向になるのは難しいでしょう。

 

失われた30年

1990年ごろから2020年くらいまでの約30年を
いわゆる失われた30年と呼ばれます。

経済成長率・景気拡大が起こらずに、
ずっとデフレ(物価が持続的に下落)が続いています。

アメリカとの株価指標の違い

この30年、アメリカは経済成長してきました。
人口も増えて、指標である株価も30年で約9倍になっています。

(コロナ禍でも株価が上がっているが、どこかで急落するのでは?と心配していますが、、)

 

 

一方、日本は30年前の1989年(平成元年)12月29日に
株価最高額3万8,957円を未だに超えることはできず、
いまでも、この2/3くらいの価格になっています。

日本は、株価至上主義では無い一面がありますが、
それでもかなり厳しい現実であります。

 

アメリカとの投資額の違い

 

アメリカ人は、そういう状況でもあるので、
投資自体の意識がかなり高いです。

現預金は10%〜15%程度で、
投資信託や株(有価証券)などのリスク資産が50%程度と、
半分ほどの資産を投資に回しています。

一方日本の方は、
未だに(特にお金を持っている高齢者が)現金至上主義なので、
現金預金が50%。
投資しているリスク資産は15%程度と、
アメリカとはまったく逆の状態になっています。

株価が30年で9倍になったアメリカと
株価が30年で2/3となった日本という環境なので、
そういうことになっているのは仕方が無い、という感じですね。

 

日本での投資について

 

アメリカ人の状況を考えると、30年間預けていたら、
ほぼ100%の人が、誰でもが資産構築をできていました。

でも、日本ではどうでしょうか?

日本でも失われた30年の間にも、株式・FX・不動産など、
投資や副業で稼いでいた人もいますが、

アメリカと比較すると、同じスキルであれば、
勝てた確率は10分の1、100分の1、いやもっと低いかもしれません。

さらに、日本では、
ちょっとでも一般市民が儲けようとすると、政府が邪魔をします。

FXでも、証拠金取引の倍率が海外の取引所よりも、随分低く設定されるようになりました。
またストップロスの時も、海外の取引所では、証拠金以上にはマイナスになりませんが、
日本の取引所だと、追証(追加証拠金)まで取られます。

ゼロになるどころか、マイナスになってしまいます。

 

保険でも、世界の保険では様々な良い案件がありますが、
日本では、既得権益が邪魔をして、国内には入ってこれません。

日本は至る所でガラパゴス化が進んでいます。

 

不動産屋も普通の業者は、自分らが儲かることしか考えていないので、
とにかく投資家に売りつけて、逃げ切ることしか考えてないです。

 

2000万円問題もありましたが、
これからの年代の人は、2000万円どころでは足りない可能性があります。

60才から100才まで生きると、1億円必要とも言われており、
それをどこまで、今のしきんでまかなえるか?と考えると、

やはり何か今のうちに資金を貯めておかなければ、いけないでしょう。

 

では、どうすれば良いのか?

 

FX、不動産投資、株式投資、日本ではスキルが必要な投資ばかりです。

唯一スキルが不要な王道の投資信託も、コロナで悲惨なことになっています。

株式が戻っても、投資信託の利益が100%戻るとは限りません。

 

FX、不動産投資、株式投資は、全員にオススメできる案件では無いと考えます。

なぜなら、全員(もしくは全員に近い人)が勝てる案件では無いからです。

勝てる人もいれば、負ける人もいる、というよりも負ける人が多いです。

 

そういうリスクを背負うよりは、

初心者でも、誰でもが参加するだけで利益が取れる案件の方が、私は良いと思います。

 

仮想通貨や海外投資も、やはりリスクはあるが、

私自身も自分で投資をしながら、良い投資、誰もが資産を増やせる投資を広めていきたいと思っています。

 

日本の国民の、投資に対する知識やリテラシーが、今よりもかなり上がってくれば、

良い投資も増えてくると思います。

そして、その良い投資に乗って、資産を増やして行きたいです。

 

みなさんとは、良い投資で良いご縁を繋いでいきたいし、

自分も繋がっていきたい、と思っています。

 

今オススメの投資は、
FXでも、株式でも、不動産でも無く、

GXTT

ゲインスカイ

と考えて、資金を集中させています。
(*短期の投資は別として)

もし、何か質問があれば、BANDかLINEの方にダイレクトメッセージください。

 

GXTTはこちらから

【GXTT】リアル事業に裏付けされた投資!

 

ゲインスカイはこちらから

■【ゲインスカイ】プロの技術で資産が増える!

 

株式投資についての詳細な考え方はこちらをご覧ください。

株式投資はおすすめできるのか?

 

不動産投資についての詳細な考え方はこちらをご覧ください。

ウィズコロナの不動産投資

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

プロの技術で資産が増える!

★少額(約1万円)から運用できる!
★並外れたFX取引プラットフォーム!

★運用はプロがするから安心!!
(あなたは、何も取引する必要ありません!)
★実績があり、全ての取引が確認できる!

 

-投資理念

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.