株式

【株式投資】コロナ禍での日本株、米国株は買い時か?

投稿日:

卒サラです。

普段は暗号通貨などをメインで発信していますが、

日本株 アメリカ株などを検討している方も居られるかと思います。

 

株式投資に関しては、数多くの方が情報発信されているので、

細かい解説をするつもりはないです。

 

私は、FX、海外投資、仮想通貨、カジノ投資などをやっていますので、

そういった投資全般を見た時に、いったい今の株式投資はどうなのか?

投資に値するのか?について考察していきたいと思います。

 

 

日本株式

 

未だにバブル期の38000円からは程遠い。

今はそこそこ好調だが、

このコロナウィルスで経済が大ダメージを受けている中で、

実際の経営状況とはかけ離れた指標になっていると思います。

ですので、必ずどこかで頭打ちする可能性が高いと思っています。

 

今上がっているのは、アメリカ株が史上最高値を更新している中で、

連れ高で上がっているのが主原因では無いかと考えています。

 

もし、日本株に投資するのであれば、(私はやりませんが)

要は、日経225ではだめだろう、ということです。

個別株式を見極めて、投資していくことが必要です。

 

 

では、何に投資していくのか?ですが、

これについては、日本株を投資する人だけでなく、

日本人、日本に住んでいるのであれば、どういう経済的な変化があるのか、

を見ていく必要があるかと思いますので、一緒に見ていきましょう。

 

 

下記は、日経がまとめている、コロナ禍での株式の動向をまとめたものです。

<経済チャートで見る 新型コロナショック>
2020年06月01日 公開

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-economy/

2019年と比較して、右肩下がりの業界と、右肩上がりの業界があるのが分かります。

ダメになった業界:鉱業、造船、空運、石油、電力、鉄道・バス

好調な業界:電気機器、輸送用機器、陸運、機械、サービス、小売業

となっています。

 

自動車や船が売れていない。飛行機、鉄道、バスに乗らない。

経済活動が冷え込んでいるので、石油や電力を使っていない。

というコロナのマイナスの影響が出ていますね。

 

プラスの方は、

電気機器は、ゲーム機器やオンライン授業で使うタブレットなどの影響でしょう。

輸送機器や陸運は、みんなが出かけずに、アマゾンや楽天でショッピングしている影響ですね。

小売は、外食しないので、近所のスーパーで食料品を買っているためでしょう。

 

本当にこの半年以上に及ぶコロナの影響が反映されている感じですね。

 

 

また、こちらはその働いている人の動きになっています。

働いている人が減っている産業:宿泊、飲食サービス

働いている人が増えている産業:医療・福祉、不動産・物品賃貸、卸売・小売

 

となっており、

観光業と外食が一人負け状態になっており、

コロナで忙しい医療福祉、食料品の小売

不動産は、在宅勤務で都会から離れても良い、ということで安いところに引っ越ししているのでしょうか?

物品賃貸は、今流行っているサブスクでの洋服、バッグ、時計などの装飾品などですかね。

 

これらを見ると、

今、一瞬マイナスになっていて、今後のV字復活に期待する、という手もありますが、

このコロナ禍でいつ復活するのかは見えないですので、

やはり、勝ち馬に乗って、ニューノーマルに対応した産業に投資していくことが必要かと思います。

 

業界はわかったけど、後はどうやねん?

とい方のために、もう一つツールというか情報を紹介します。

 

ツイッター

「ジオ #投資立国 @日中米株」さん
https://twitter.com/geosp500

日、米、中の株式で、ぱっと見でどんな業界が大きいのか、

どんな業界が勢いがあるのかが、一目でわかるマップを提供しておられます。

こんなかんじ。

これをみて、私もびっくりしたのですが、

自分が思っていた、企業名と大きさの感覚が結構ずれているところが多かったです。

この会社、こんなに大きかったのか?とか、

この会社これくらいのポジショニングなのか、といろんな新しい発見ができると思います。

 

 

米国株式

 

コロナウィルスでやられているのは、日本だけでなく、

アメリカも甚大な影響で、新規失業保険申請件数が毎週50万件以上出ているということです。

 

恐らくどこかでアメリカの株式も天井を打ち、

大きく下げる可能性があると考えています。

どうみても、今米国株に投資するのは危険水域ではないかと思います。

ずっと保有している方は、そのままで良いかと思いますが、

新規で投入すべきタイミングではないと思います。

 

最近、「GAFAがこの10年でどうなったと思います?10倍以上ですよ!だから、米国株に投資しましょう」

と言っていますが、今からGAFAに投資するというのは少し危険です。

GAFAや米国株全体に投資するべきタイミングではないでしょう。

 

10年前にGAFAに投資したように、

今から10年後に10倍になる株式を仕込めるか?ということです。

恐らく相当の目利きが必要だと思います。

それができるのであれば、十分ですが、スキルを磨けないのであれば、

今はそっとしておきましょう。

 

米国のNYダウやS&P500、
中国の上海総合指数 香港ハンセン指数
などは、もちろん確認していると思いますが、
こちらは、少し違った見方ができるので、ご紹介しておきます。

 

米国株S&P500であれば、こちらは通常のURLで確認可能です。
世界の主だった株式も確認できます。
https://finviz.com/map.ashx

 

 

世界の株式

 

OECD=経済協力開発機構の12月1日の報告では、
各国の経済成長率の予測は、

▽日本 2020年 -5.3%  2021年+2.3%、
▽アメリカ 2020年 -3.7%、2021年+3.2%

欧州も同様な感じです。

でも、一国だけ違う国があります。

そう中国です。

▽中国 2020年 +1.8%、2021年+8%、

これを見ると、日本やアメリカではなく、

中国に投資した方がリターンが高い、という気がしますね。

 

今再度、中国株投資、というのも手かもしれませんね。

中国は、今コロナで瀕死になっている国を見つけて、
資本でがんじがらめにして、その国の実権を奪っていくでしょう。

それは、香港や台湾だけでなくなるのは、間違いないでしょう。

彼らは世界を全て中国にすることが目標ですので。

 

 

現在、日本の証券会社で、米国株、中国株はもちろん
東南アジアの株式も購入できます。

東南アジアでいうと、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムでしょうか。

この中で、今後の伸び率で言うと、

インドネシアとベトナム、マレーシアですね。

インドネシアについては、以前銀行口座開設や海外投資で色々とお伝えていたので、見て頂ければ幸いです。

銀行に預けるだけでも、金利が高いですし、

株式も日本ではできないようなパターンでの投資が可能になります。

 

インドネシア銀行口座開設と株式投資

 

まとめ

結局、日本、アメリカ、中国にしても、

どの産業、どの会社に投資するのか?を見極めるのが大事になります。

きちんとした知識やスキルがないと、当て物、宝くじを買うようなイメージになります。

 

但し、インドネシアやベトナムなどは、国自体が底辺から上がって来ますので、

日本の70年代のように、何に投資してもある程度のリターンが期待できます。

 

これが私がインドネシア(バリ)に投資をしている理由です。

 

もちろんもっと加速的に貯めるのはGXTTを中心とした仮想通貨関連の案件になりますが、

いくつかの投資に分けていくことにより、リスクを分散させています。

 

 

オススメの投資案件!!

FILBONUS

✅ファイルコインを取引所に預けておくだけで、年利40%のボーナス!
✅運用期間:1年
✅年間収益率40%!(満期時の収益率)
✅年収を1/365として計算し、毎日分配!

✅Tokencan登録後、専用のサイトで登録必要ですので、私の方に連絡ください!

ファイルコインマイニング【FILPOWER MAX】

✅540日運用!!
✅有効演算数100%!!
✅なんと!福利運用!!
✅1TiBで148000円、予想配布44.9枚
✅FIL価格が9,000円以上は販売を一時停止するので、それまでが買いタイミング!

ファイルコインマイニング【FILPOWER X】

✅1080日運用!!
✅メインネット接続後、充填期間なしで直ちに70%の充填率で採掘スタート
✅価格が安く、初心者がスタートしやすい!
✅1TiBで98000円、予想配布27.5枚
✅FIL価格が9,000円以上は販売を一時停止するので、それまでが買いタイミング!

-株式

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2021 All Rights Reserved.