COINLIST

【Braintrust】Coinlistセール!登録9/8 AM9時まで!クイズの答え(option1&2)付き!

2021年9月4日

卒サラ(@sotsusara)です。

9/18追記
これでプレセール当選確率を上げて下さい!

【裏ワザ】COINLISTのIEOを優先的にゲット2!【Karma】

 

コインリストの新トークンセールが、先日のImmutable Xに引き続き出ましたね。

 

このBraintrustに対する、私の考えについては、まとめに書いていますので、

絶対にここは読んでください!

 

クイズの答えですが、

option1とoption2では、答えの順番が違うようなので、一応両方載せていますので、参考にしてください!

 

 

 

Braintrust

高度なスキルを持つハイテクフリーランサーと、スキルを必要とする
革新的な企業をつなぐ最初の分散型人材ネットワーク

と言う、今までの仮想通貨とは少し違った働きをするブロックチェーンになってます。

Braintrustとは?

提携先と思われる企業

NASA、ナイキ、ゴールドマンサックス、ネスレ、インテル、IBM、アンダーアーマーなど、日本でもおなじみの企業が並んでいますね。

 

ハイライト(特筆)

 

セールの詳細

 

トークンエコノミー

 

トークンの使われ方

 

マイルストーン

 

クイズの答え option1

 

クイズの答え option2

まとめ

私は実業で、そこそこ大きな会社で、かなりの人数を抱える管理者をやっているので、その体験を元に書きますが、

 

海外(アメリカ)の会社での勤め方は、専門のスキルを活かした仕事の仕方をします。

転職したりしても、その技術やスキルを活かしたステップアップをしたりします。

海外で、私の職業は〇〇です。と言う言い方をすると、〇〇の中には、

・IT技術者

・エンジニア

・プログラマー

とかになりますが、

日本では、〇〇会社に勤めてます。となります。

たとえ、プログラマーで入ったとしても、偉くなるとプログラムを組むのではなく、

日本ではマネージャーになって、プログラマーではなくなるから、そういう言い方になってくるのです。

と言うことで。特に海外では、どんなスキル、技術を持つ人か、が重要なのです。

 

さらに、今後は働き方2.0や3.0と呼ばれていますが、

将来的には、ずっと会社に勤めるのではなく、あるプロジェクトを実施する時に、

必要なスキル、技術を持つ人が呼ばれて、そのプロジェクトが終了すれば、解体され、

その人はまた次のプロジェクトのところに行く、と言うことになり、

会社に勤めるのではなく、持っているスキル、技術で生きていく、と言う仕事のスタイルになっていきます。

 

今はフリーランサーと呼ばれるかもしれませんが、

次の時代はこれが当たり前の世の中になっていきます。特に海外では。

 

この時に必要になるのが、Braintrustのような人材マッチングのシステムです。

それも、改ざんの無いもので、今までの実績がきちんとしたデータ化されるので、

企業側にとってもリスクが少なく、ものすごく有益なシステムになります。

 

なんてったって、普通の会社であれば、一番高くつくのは「人件費」だからです。

変な人材を取ってしまったら、何千万円をドブに捨てるようなものです。

だからこそ、こういったサービスが必要になってくるのかと思います。

 

ちなみに、今回のプレセールは3回目のプレセールになります

1回目は、2018年11月のシードラウンド

2回目は、2020年10月のストラテジック ファンド ラウンドです。

まあ、私達一個人がシードラウンドに入れることは無いと思いますし、

あったとしても、怖くて入れませんね。

今回は、1トークンあたり、約70円〜100円のセールになります。

決して安くはないかもしれませんが、5万円程度の余剰資金があれば、

コインリスト、と言うこともあり、掛けてみるのも良いのではないかと思います。

 

 

ホワイトペーパー日本語訳

ページ1
2021年9月
ブレイントラストテクノロジーファウンデーション
ブレイントラスト:
分散型
タレントネットワーク
白書

2ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
2
概要
私たちの働き方は大規模な変革を遂げています。雇用主との間の伝統的な「あなたが引退するまで働く」契約
従業員は、短期間の急速に変化するエンゲージメントによって混乱しています。職歴は主観的な記録から
評価と検証可能な専門知識を備えた不変のもの。非効率的で高額な仲介業者は、ソフトウェアと流動性に取って代わられています
アルゴリズムによって支配される市場。過去の高度に集中化された階層は、分散型ネットワークに置き換えられています。
ビットコインやイーサリアム、コンパウンド、ファイルコインなどのブロックチェーンプロジェクトは、分散型ネットワークの有用性を証明しています。これらは
オープンウェブの最初のインスタンス:参加者が集まってネットワークを構築し、サービスを提供して支払い、管理します
中央当局のない開発。これらは、古い集中型システム(ほとんどないもの)の観察から考案されました
信頼、回復力、検閲への抵抗がないこと)は、もはや人々のニーズや急速に進化するグローバル市場に対応していません。
これらの実現は、私たちの生活のあらゆる側面に影響を与える新しい分散型アプリケーションのビルディングブロックとして機能します。
私たちの働き方も含みます。
Braintrustは分散型の人材ネットワークであり、時代遅れで断片化された労働市場を、アルゴリズム的に流動的なものに置き換えます。
ネットワーク参加者によって管理される管理された市場。ネットワークは、と呼ばれるネイティブトークンを使用してイーサリアムブロックチェーン上で実行されます
BTRSTは、ユーザーがクライアント(需要)と才能(供給)をネットワークに導入してオンボーディングすることで獲得します。さらに、クライアントは
BTRSTを使用して求人情報を強化し、タレントはBTRSTを使用して提案を強化したり、コースを受講してスキルをレベルアップしたりします。最後に、
複合ガバナンスプロトコルをフォークすることにより、トークン所有者に比例する1トークン1投票システムを有効にしました
ネットワークの管理方法を制御します。これらのネイティブトークンの使用は、ネットワークを使用するクライアントと才能に強力なインセンティブを提供します
ネットワークのガバナンスに参加します。このインセンティブ調整を所有経済と呼びます。
Braintrustタレントネットワークでは、クライアントは、スキルセットなどのパラメータを指定して、ネットワークに求人を投稿することで「質問」を行います。
地理、および料金。彼らはそれに応じて、仕事の提案を提出することによって「入札」で応答する才能と一致します。コア
Braintrustネットワークの革新は、構築への貢献に基づいてネットワーク参加者にプログラム的に報いる
ネイティブトークンのネットワークとプロトコルの開発により、高価で効果のない一元化された仲介者に取って代わります。達成するに
これらの2つの目標により、ネットワークはネットワークの構築に必要な資本を劇的に削減し、人材の料金をゼロに削減できます。
場合によっては、クライアントのコストを最大70%削減します。1
Braintrustは、数万人のタレント参加者と数百人のFortuneが参加する、ライブの自治型分散型ネットワークです。
この記事の執筆時点では、毎月数百万ドルのトランザクションを処理している1000の企業。すべての開発と
ネットワークのメンテナンスは、Braintrustネットワーク上の貢献者のグローバルネットワークによって行われました。2
確立されたタレントネットワークモデルおよびその他の抽出Web2.0マーケットプレイスの基本的な問題について概説します。
Web 3.0ネットワークの出現と所有権の経済について詳しく説明します。この場合、ユーザーは調整されたインセンティブの恩恵を受けます。
分散制御。
Braintrustを紹介し、ネットワークの概要とその成功を促進するインフラストラクチャの重要な部分を示します。
マッチングによる効率的な価格発見の達成など、コアネットワーク機能の概要を提供します。
インセンティブメカニズム。
BraintrustのネイティブBTRSTトークン、その供給、割り当て、およびネットワークのガバナンスを含むユースケースの概要を説明します。
人材の自治とカテゴリー拡大の未来へのネットワークのロードマップを探ります。
この紙:

3ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
3
コンテンツ
1.世界が機能する方法(そしてなぜそれがしばしば機能しないのか)
1.1大辞任
1.2抽出タレントネットワークの問題
1.3旧道の有害なネットワーク効果
2. Web3.0ネットワークとオーナーシップエコノミーへようこそ
2.1進化する分散型Web
2.2 Web3.0タレントネットワークの特徴の定義
3. Braintrustの紹介:分散型タレントネットワーク
3.1暗号に基づいて構築されたコネクタネットワーク
3.2分散型価格発見の力
3.3Braintrustの採用を推進する3つの要因
3.4より良いネットワークへの道
4. Braintrustトークンの紹介:BTRST
4.1BTRSTトークンの使用
4.2Braintrustコネクタプログラム
4.3トークン対応のBTRSTガバナンスモデル
4.4Braintrustの提案システムでの投票
4.5分散型紛争解決
5.Braintrustコントリビューター
6.ブレイントラストの未来:カテゴリー拡大

4ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
4
白書
1.世界が機能する方法(そしてなぜそれがしばしば機能しないのか)
私たちの働き方は壊れています。企業は、自分たちの才能と同じくらい価値があることを知っています。製品を製造する人々は、
プロセス、そして世界を変える革新を想像してください。それでも、それらの同じ会社は、彼らがどのように働くかについて才能のコントロールを与えることはめったにありません
または彼らの仕事に対して報われる。彼らは価値の抽出に依存していますが、それを作成した人に等しく返すことはありません。良い時は
株主は利益を享受します。時代が悪いとき、労働者は打撃を受けます。ほとんどの人が持っていなかったという理由だけで、私たちはこれを受け入れました
より良い要求をする力。
1.1大辞任
しかし、労働者はますますその抽出モデルを放棄しています。実証された世界的大流行をきっかけに
そのリモートワークは大規模に可能であり、多くの点で、より効率的に、労働者は伝統的なものから解き放たれています
広大なフリーランスネットワークで独自のノードになるための雇用の取り決め、次のように説明される世界的な現象
「大いなる辞任」3。その巻き戻しは2020年以前にはすでに明らかでしたが、36%のパンデミックによって加速されました。
フリーランサーとして働くアメリカ人労働力の割合—前年のわずか28%から大幅に増加4。
この労働革命は、より広範な社会的不平等に対する意識の高まりに刺激された社会革命と一致しています。モダン
タレントネットワークは長い間、労働者から不釣り合いな価値を引き出し、彼らに高額の料金を課すことによって彼らの企業価値を構築してきました
ユーザー。これは企業構造で発生するより大きな現象の一部であり、アメリカ人の所得格差はトップ
1975年以来、10%と下位90%が20倍に成長して50兆ドル近くになりました。これは、ランド研究所が昨年予測で決定した数値です。
過去数十年の所得分布が同じままだった場合、現代の給与を支払う5。要するに、富裕層はより豊かになり、労働者はより豊かになった。
取り残されたままです。
1.2抽出タレントネットワークの問題
その同じダイナミクスは、才能のある人々が彼らの主な製品であり、
それらの最も重要な資産—それでもそれらをそのように扱わないでください。DoorDashを使用すると、顧客はドライバーにヒントを与えることができますが、後でそれをつかむことができます。
収入として一部を取り戻す(大衆の反発の後でコースを逆転させるだけ)6Fiverrはそのコミッションからすべてのコミッションの20%を取ります
5ドルのギグ7または100ドルのギグで働いているかどうかにかかわらず、労働者。Upworkは、500ドル以下の収益を上げているすべてのプロジェクトに対して、ユーザーに同じ料金を請求します—
これらのネットワークは、
少なくとも。
人材ネットワークの範囲の反対側では、大規模なコンサルティング会社(アクセンチュアやPwCなど)が高品質の人材を倉庫に保管しています。
次に、entはクライアントに多額のマークアップを課します。オーバーヘッドが大きく、ネットワークの透過性が不足しているため、インセンティブが与えられます
利益率を上げるために法外な料金を請求する。既存の人材ネットワークが提供していないため、このようなマークアップが可能です
UberまたはFiverr.9で利用可能な需要と供給を備えた経験豊富なエンタープライズレベルの労働者
プロジェクトベースでトップの才能、クライアントはそれらの才能ネットワークの巨人の法外な価格に人質にされています—会社を去ります
大規模なプロジェクトに従事することには消極的です。

5ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
5
1.3旧道の有害なネットワーク効果
これらの例は、タレントネットワークとして利益を上げる古い方法と一致しています。つまり、提供中に高額の料金やマークアップを請求することです。
才能は会社の意思決定に対する所有権や管理権を持ちません。ネットワークは、壁に囲まれた人々の作業履歴、データ、評判を保持します
彼らが彼ら自身の労働者の情報を独占的に現金化することができるように庭。才能は重要な決定に投票しないため、ネットワーク
ジョージタウンのように、ユーザーで溢れかえり、最終的には賃金を引き下げることができます。最低賃金を下回ることもあります。
大学の研究者は、一部のUberドライバーが1時間あたり5ドル未満しか稼いでいないことを示す研究で結論を下しました10。
図01
タレントネットワークのテイクレート

6ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
6
2. Web3.0ネットワークとオーナーシップエコノミーへようこそ
私たちは、人材ネットワークと専門の人材派遣会社が、最終的には所有権を受け入れるシステムに置き換えられると信じています
経済。このモデルは、ネットワークの透明性、調整されたインセンティブ、分散型のおかげで、才能と企業の両方に利益をもたらします
ガバナンスメカニズム。この新しいモデルは、トークン化を含むWeb3.0ネットワークテクノロジーの出現によって可能になります
それは分散型商取引のための通貨を提供します。
2.1進化する分散型Web
Web 1.0が読み取り可能なWebを構築した場合、Web2.0は今日私たちが知っているインタラクティブなインターネットを作成しました。これらのテクノロジーにより、ユニマグが可能になりました。
情報の豊富さと富の創造は不可能ですが、莫大な料金とゲートキーピングの仲介者も生み出しました。これが最も運転した
アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグル、ツイッターなど、一握りのビッグテック企業を統合するためのインターネット活動。
投資家のポケットを裏打ちしますが、これらのネットワークに価値を与える一般ユーザーのポケットは裏打ちしません。11
対照的に、Web 3.0は分散型のユーザー所有のWebであり、ユーザーに価値を返す分散モデルを可能にします。
それを作成します。それは、価値と責任者の両方の不変の公的元帳として機能するブロックチェーンによって可能になります
それを生成し、手数料を抽出する仲介者の必要性を排除するピアツーピアトランザクションを可能にします。
2.2 Web3.0タレントネットワークの特徴の定義
タレントネットワークの場合、これにより、新しいものを構築する機会が生まれます。
ユーザーの利益に貢献します。調整されたインセンティブは、ユーザー(才能)とクライアントの資本効率と柔軟性の両方を最大化するのに役立ちます
(企業)、有効化:
専門性と柔軟性:これらのシステムは、利益を最大化するインセンティブによって制約されません。
可能な限り顧客基盤。これにより、すべてのアプローチに適合する1つのサイズを、最も効果的に満たす特殊なソリューションと交換することができます。
ユーザーのニーズ。才能はプロジェクトを選んで選ぶことができ、クライアント企業は市場の需要に合わせて従業員を迅速に拡大することができます。
自律型市場:ネットワーク事業者は、ネットワーク効果を活用して、ユーザーから不均衡な価値を引き出します。
そのような市場を構築して運営するために必要な技術は今や至る所にあり、今日の支配的な価値の何分の1かで簡単に実行することができます
プラットフォームはユーザーから切り離され、その不均衡な価値をネットワークを動かす才能に戻すことができます。
コミュニティの所有権とガバナンス:誰もが所有者であり、彼らが生み出す価値からの利益の一部だけでなく、所有しています。
また、彼らの職歴、評判、およびデータ。これは、重要な情報を次の場所で現金化することが多い抽出モデルとはまったく対照的です。
自分のユーザーの費用。
許可のないシステム:ユーザーによるネットワークの効果的な制御には、ネットワークの決定を推進する情報への平等なアクセスが必要です。
許可のないシステムは、データへの簡単で平等なアクセスを作成することにより、完全な透明性を保証します—多くの場合、保存された不変のデジタルレコードを介して
パブリックブロックチェーン上。
効率的な資本:透明性により、新しい情報をそのようなシステムに迅速に反映できるため、正確な価格発見と低価格が可能になります
取引費用。
調整されたインセンティブ:分散型ネットワークはオーバーヘッドを大幅に削減し、企業が提供しながら才能に低料金または無料で請求できるようにします
平均50〜75%の節約を実現するクライアント企業。ユーザーがネットワークを制御し、成長する意欲があるため、ネットワークはユーザーにサービスを提供します
作成した価値を保持しているため、ネットワーク。

7ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
7
3. Braintrustの紹介:分散型タレントネットワーク
Braintrustは、世界初の分散型人材ネットワークです。つまり、Braintrustは、
中央企業、およびその才能と顧客プールには、資本効率の高い価格発見を可能にするのに十分な仕事と十分な労働者がいます。
3.1暗号に基づいて構築されたコネクタネットワーク
Braintrustによる暗号の使用は、大規模な分散化を達成する上で成功するために不可欠です。ブロックチェーンは不変です:
時間の経過とともに変更できないレコードを提供するため、ユーザーの所有権とネットワークの制御のレコードが破損します。
可能。この形式のブロックチェーンは、インターネットを使用して世界中の誰もがアクセスできるため、許可のないシステムです。
接続、事前の承認は必要ありません。
Braintrustネットワークの重要な革新は、ネットワークの所有権と制御をプログラムで分散する機能です。
完全に許可のない方法で、その成長に貢献する人々。Braintrustタレントネットワークは、主に
紹介エンジン。世界中の誰もが「コネクタアカウント」と呼ばれるものを作成し、一意の紹介コードを取得して、それを共有することができます
ネットワーク上の供給または需要として機能する可能性のある新しい才能またはクライアント。それらの紹介された当事者がネットワークに参加して開始するとき
取引を行うと、ネットワークは自動的に参照側にトークンを提供します。
3.2分散型価格発見の力
Braintrustネットワークの主な利点の1つは、求められている、または提供されているサービスの効率的な価格発見を提供できることです。
通常、このような発見は、高度なスキルを持つ臨時雇用者を必要とする一流企業には不可能であり、フォーチュン1000を余儀なくされます。
企業は、認識された市場価値でスタッフを雇用するか(時間とリソースを大量に消費するプロセス)、マークアップを採用します
大規模なコンサルティング会社の才能であり、彼らの法外な価格を「市場価値」として受け入れています。
分散型ネットワークでは、ユーザーは労働力を含む資産の真の市場価値をリアルタイムで追跡できます。化合物を検討する
ユニスワップでは、上場デジタル資産の評価と需要と供給が一般の人々によって簡単に観察されます。なぜなら彼ら
非常に多くの買い手と売り手を獲得しているため、公正な市場価格は、
これらのネットワーク。
3.3Braintrustの採用を推進する3つの要因
多くのネットワークは、合意された価格で買い手と売り手を照合するだけで価格発見を実現しますが、たとえば、BTCの価値
またはAAPLのシェア— Braintrustのような人材ネットワークのユーザーは、次の3つの要素に合わせる必要があります。
価格:これは1時間ごとまたはプロジェクトの提案率であり、他のネットワークと同様に、最終的なトランザクション値を決定する上で重要な役割を果たします。
例:クライアントAは、フルスタックの開発者の仕事を1時間あたり50ドルから100ドルで提供します。この仕事は、タレントが独自の料金を提案しながら入札する場合があります。
スキル:価格が唯一の要因である場合、クライアントAは常に最低レートを提案した入札者を選択します。ただし、企業
また、彼らが契約する才能のスキルを考慮に入れて、投資に対する質の高い見返りを確保します。才能は彼らの幅によって定義されます
能力、証明された習熟度、仕事に関連する特定のスキルの経験、および仕事に必要な言語の流暢さ。
場所:ほとんどのフリーランスの仕事がリモートおよびオンラインで移動しているため、雇用主に対する才能の物理的な近接性はそれほど重要ではありません。
通常、重要なのは、タイムゾーンによって、適切なインターフェイスと調整が可能になるかどうかです。特に、重要な作業を必要とするジョブの場合はそうです。
同期作業。クライアントは通常、「労働者はと重複できる必要があります」などの警告を含む投稿で、ある程度の柔軟性を提供します
1日3時間以上のPST。」

8ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
8
これらの3つの要因は、才能と企業のクライアントに同様に影響を与えます。
提案を提出することによって入札する才能は、スキルを徹底的にリストし(プロファイルの完全性)、競争力のある価格を設定する必要があります(1時間ごとに投稿)
レート)、および場所が既存のクライアントの需要と一致していることを確認します(サポートされているタイムゾーン)。
求人を投稿して質問をするクライアントは、競争力のある賃金を提供し、必要なスキルと経験をできるだけ広く維持する必要があります
不必要に入札を思いとどまらせることを避けることが可能です。才能の許容可能なタイムゾーンの拡大は成功を高める可能性があります
彼らの注文を満たすことで。
3.4より良いネットワークへの道
Braintrustネットワークの分散化と価格発見のメカニズムは、両方の才能にとってより良いシステムを作成します(
供給)およ​​びクライアント(需要)。
タレントには料金はかかりません。契約料金の全額が支払われます(1時間ごとであろうとプロジェクトごとであろうと)。クライアントは課金されます
総契約額の10%で、他のネットワークやコンサルティング会社よりも大幅に少ない金額です。その料金は
ネットワーク運用のコストを支払うので、才能とクライアントは同様にメリットを認識します。要するに、Braintrustは自立するように設計されています。
手数料を引き上げて利益を追求するのではなく。
Braintrustネットワークでのインスタントマッチングにより、才能は仕事よりも多くの選択肢が得られ、行き詰まる官僚主義が排除されます。
従来の入札プロセスをダウンさせます。ネットワークはユーザーによって管理されているため、ユーザーはネットワークの主要な問題に投票することができます。
ネットワークの方向を制御します。つまり、ネットワークには、タレントの料金を不必要に引き上げるインセンティブもほとんどありません。
「レーキ」はありません。つまり、才能は収益の20%から45%多くを維持できます。一元化されたタレントネットワークとは異なり、タレントは
Braintrustネットワークは、評判、評価、作業履歴を所有しています。これらはすべて、パブリックブロックチェーンに安全に保存されています。
ビッドアンドアスクのマッチングプロセスにより、優秀な人材を迅速に必要とする企業の採用時間が大幅に短縮されます。企業
Braintrustを使用する企業は、従来の人材ネットワークや人材派遣会社に比べて、平均して50%から75%の節約になります。その平均はしません
市場機会を迅速に活用できるという追加の経済的利益を説明します。企業は重要な役割を果たします-
潜在的な候補者の質を損なうことなく、フルタイムの従業員を雇用するよりもリスクとコンプライアンスのコストを大幅に削減できます。
Braintrustの透明性が高く、コミュニティ主導の人材スクリーニングプロセスに感謝します。
この報酬フライホイール—才能とクライアントの両方が調整されたインセンティブを通じて利益を得る—は非常にスケーラブルであることが証明されています
2020年の立ち上げ以来、Braintrustネットワークを成長させるための費用対効果の高い方法です。これはBraintrustの重要な要素です。
1年強で数百人のコミュニティメンバーから50,000人以上のコミュニティメンバーに成長しました。

9ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
9
図02
Braintrustトークンエコノミー

10ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
4. Braintrustトークンの紹介:BTRST
BTRSTトークンは、ERC-20標準を使用して2021年9月1日にイーサリアムメインネットで起動されました。トークンは全体に電力を供給します
分散型ネットワークのガバナンス。コミュニティに、クライアントの紹介やスクリーニングを通じてネットワークを構築するように促します。
新しい才能を発揮します。2億5000万トークンの固定供給があります。つまり、流通しているトークンの総数がそれを超えることはありません。
額。
オープンソースのBTRSTコントラクトリポジトリは、Githubのこちらにあります
オープンソースのBTRSTERC-20がここに展開さています。
トークン配布テーブル


11ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
11
4.1BTRSTトークンの使用
BTRSTトークンには、次のような多くの用途があります。
ガバナンス:BTRSTトークン所有者は、改善のためのアイデアについて話し合い、変更を提案し、ガバナンスの提案に投票することができます。
各トークンは1票を表すため、より多くのトークンを保持するユーザーは、ネットワークの開発方法についてより多くの発言権を持ちます。
入札の賭け:競争の激しい市場では、才能が目立つようにトークンを賭けて、トークンを担保として提供する場合があります。
(コミュニティベースの裁定に基づいて)契約を履行できない。クライアントはトークンを賭けることもできます。トークンは資格のある申請者に送られます。
クライアントは仕事を進めません—彼らがクラフトに費やした時間に対して報酬が支払われることを知って応募するように才能を奨励します
提案。トークンビッドステーキングは、ネットワークの「固定を解除」または摩擦を減らし、ネットワークの不一致に対処することでネットワークの透明性を維持するのに役立ちます。
需要と供給。
キャリア上のメリット:トークンは、他のコミュニティ参加者が提供する特別な特典と交換することもできます。
無料および割引のソフトウェア、製品、キャリアリソースを含むBraintrustコミュニティ。ユーザーは、取得することによってトークンを獲得することもできます
独立したコミュニティが運営する組織であるBraintrustAcademyのコースでは、才能に価値のあるスキルを教えて、より多くの収入を得ることができます。
ネットワーク上。
4.2Braintrustコネクタプログラム
分散型金融(DeFi)システムでは、流動性プロバイダー(LP)は、
初期価格と資産の平等な供給。Braintrustネットワークでは、これらのプロバイダーは「コネクター」と呼ばれます。誰でもサインアップして入手できます
独自のコードを作成し、Braintrustにネットワークを追加し始めます。これらのコネクタを導入したユーザーが取引を開始すると、ネットワーク
トランザクションのパーセンテージとして、またはグロスサービスバリュー(GSV)として、プログラムでコネクタに報酬を支払います。
生産。コネクタは、正常に支払われた請求書ごとにトークンを獲得し、人材の育成を支援するためのネットワーク所有権を増やします。
そしてネットワークへの価値。
このコネクタシステムにより、確立されたリクルーターはビジネスをBraintrustに持ち込み、残りのトークンを獲得することができます。
彼らの才能やクライアントがネットワーク上の仕事と一致したときに報酬。彼らがネットワークを参照すればするほど、彼らはより多くの収入を得るでしょう
完了したプロジェクトからの紹介の請求書のパーセンテージとして。これは、才能が独自のトークンを構築するように動機付けるだけではありません-報酬-
紹介ツリーを作成するだけでなく、熟練した採用担当者が質の高い人材ネットワークをBraintrustネットワークに導入することを奨励します。
図04
コネクタプログラム
Braintrust:分散型タレントネットワーク
12
4.3トークン対応のBTRSTガバナンスモデル
Braintrustガバナンスプロセスは、次の3つの主要コンポーネントで構成されています。
スマートコントラクト:チェーン上のすべてのものは、最終的に分散型ガバナンスプロセスの対象となる可能性があります。
多段階の利害関係者提案プロセス:複合プロトコルから分岐および適合された、これは
提案の提出、検討、修正、および承認。提案は、オープンテキストまたは検討対象のコードとして開始でき、
利害関係者のアンサンブルによって議論されました。その後、最終的には正式なチェーン上の投票の対象となります。コミュニティの期間の後
承認され、コード化された提案の審査、最終的な実装、および展開は、コミュニティの監督下に置かれることが期待されています。
成長のビジョンを推進したい世界中のフリーランサー、タレントエージェンシー、クライアントの代表
分散型タレントネットワーク。
オンチェーン投票はBraintrustプラットフォーム(投票ポータル)で行われますが、ゲートがなく、表示されます
参加または観察のためにコミュニティメンバーに。
オフチェーンディスカッション環境:コミュニティエンゲージメントに対するUniswapのアプローチをモデルにしており、これらは拘束力のないものとして機能します
(オフチェーン)コンセンサスと(オンチェーン)承認の両方に到達するために重要な議論と討論のためのチャネル。
議論はBraintrustDiscordサーバー内で行われます
オフチェーン投票は、Braintrustスナップショットページで行われます。
4.4Braintrustの提案システムでの投票
Braintrustのガバナンスにおける意思決定の分野は、範囲がかなり大きく、ネットワーク料金、評判の変更が含まれます。
システム、技術パラメータ、ガバナンスプロセス、およびトークン予約管理。上記の領域に変更が加えられます
コンパウンドフォークから採用されたオンチェーンプロポーザルシステムを介して。
長期的には、Braintrustネットワークのガバナンスは、コミュニティ主導でますます分散化することが期待されています
ガバナンスおよびオンチェーンガバナンス活動。
Braintrustガバナンスシステムのもう1つの調査分野は、二次投票です。これは、効果的なスキームであることが証明されています。
ネットワークのユーザーと他のトークン所有者の間でインセンティブを調整し続けるため。

13ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
13
4.5分散型紛争解決
請求書と支払いについて意見の相違がある場合は、コミュニティが裁定した紛争解決により意思決定が行われます。
コミュニティへの力。紛争解決プログラムは、陪審員と陪審仲裁人で構成されています。審査員は
BTRSTトークンホルダー。紛争で判断が必要な場合は、3人の審査員がプールからランダムに選ばれて計量されます
決定に。さらに、陪審員は目撃者と呼ばれることがあります。目撃者は主観的な発言に加重します
彼らの専門知識に基づいています。たとえば、申立人は次のように言うことができます。
彼が私に請求した時間に基づいて、より多くの出力が得られました。」3人の目撃者が呼ばれ、その声明について次のように判断します。
それが合理的であるか不合理であるかどうか。審査員は1年間の任期を務め、自発的に参加します。
紛争解決プログラムのもう1つの重要なメンバーは、陪審仲裁人です。陪審仲裁人は、オフチェーンを通じて選出されます
Braintrustガバナンスプロセスと6か月の任期を務めます。彼らは判決を出すのではなく、原告と論争者に
処理し、クレームと反訴を整理し、目撃者を募集し、特定のサービスを提供するために陪審員をランダムに割り当てます
請求。Braintrustの紛争解決について詳しくは、こちらをご覧ください
ガバナンスの仕組み
図05
ガバナンスの仕組み

BTRSTトークンは、非営利団体であるBraintrust TechnologyFoundationによってEthereumブロックチェーンネットワーク上で発行されたERC-20トークンです。
財団。BTRSTは株式ではなく、会社または組織の利益、配当、資本、または負債に対する請求を表すものではありません。
金融商品ではありません。BTRSTは、Braintrustネットワークとユーザーによって、ネットワーク上のさまざまなアクティビティにのみ採用されています。
ステーキング、ガバナンス、投票、教育目的など。
Braintrust:分散型タレントネットワーク
14
5.Braintrustコントリビューター
Braintrustは、初日から真に分散型のアプローチを採用しています。何年にもわたってBraintrustネットワークを構築してきたすべての人
ネットワーク内のプロジェクトに取り組んでいる独立した請負業者であり、
単一のコアチームですが、世界中の数十のチームで構成されています。ネットワークの分散型で有機的な将来の開発が期待されています-
高額な料金に取って代わるという目標を推進することを任務とする協会であるオーナーシップエコノミー協会によって育成されることになった
自律型ソフトウェアと強力な人材コミュニティを通じて相互に有益な市場を構築することにより、仲介業者。のため
このアプローチにより、Braintrustは、ネットワーク上でサービスを提供または料金を支払う同じユーザーも同じユーザーであると自信を持って述べることができます。
構築、サポート、管理、そして最終的にはそれを所有します。
6.ブレイントラストの未来:カテゴリー拡大
Braintrustがユーザーによって構築されたように、そのユーザーもその未来を定義し、創造します。ネットワークは完全に管理されることが期待されます
そのユーザーによって、その相対的な影響力は、ユーザーが貢献することで発生したBTRSTトークンの数によって決定されます。
ネットワークの成功。
Braintrustの未来は、テクノロジー業界だけにあるのではありません。コンサルティング、法律、
会計、広告、その他—より伝統的なものを推進しているのと同じ社会的および経済的条件の影響を受けます
所有権経済への従業員。Braintrustは、これらのタイプの労働者を含むように自然に適応し、進化することが期待されています。
さまざまな種類の仕事に対するクライアントの需要は、機会とアウトリーチの両方を増加させます。分散型ガバナンスにより、BTRST
トークン保有者は、どの業界に参入するか、いつ参入するかについて投票することができ、将来の拡大で彼らのニーズが満たされることを保証します。
sion。その共有された意思決定を通じて、彼らはブレイントラストの使命を果たします—戻ることによって世界的な経済格差を減らすこと
仕事をする人にとっての価値—新しいタイプの人材ネットワークを通じて—それで生計を立てている人々が所有するもの。

15ページ
Braintrust:分散型タレントネットワーク
15
1セクション1.2、図01:「人材ネットワークの採用率」(5ページ)を参照してください。
2 Braintrustは常に進化しており、このペーパーの内容は変更される可能性があります。最新バージョンはで見つけることができます
https://usebraintrust.com/whitepaper。フィードバックやコメントについては、Discordに参加してください:https://usebraintrust.com/discord
3「大辞任:マイクロソフトは41%の減少を予測しています」、フォーブスのルシアナ・パウリーズ
4「COVID-19時代の米国における1.2兆ドルのフリーランス経済のスナップショット」、CNBC、Lori Ioannou
5カーター・C・プライスとキャサリン・A・エドワーズ、ランド研究所による「1975年から2018年までの収入の傾向」
6「DoorDashは顧客からのUproarの後にチップモデルを変更します」、Andy Newman、ニューヨークタイムズ
7「Fiverrの利用規約」Fiverr.com(2021年8月にアクセス)
8「フリーランサーサービス料金」、アップワーク(2021年8月にアクセス)
10ジョージタウン大学、ケイティJ.ウェルズ博士による「DCのユーバーワークプレイス
11 「RealWeb3.0は立ち上がることができますか?」セトラグ・ホシャフィアン博士、RTインサイト
参考文献

 

 

オススメの投資案件!!

最強カードLexxPay

✅国内でラオスJDB銀行口座開設!
✅VISAデビットカードが入手可能!
✅仮想通貨が現金化 できる!!
✅世界中で一日100万円出金可能!
✅定期預金は、年利7%以上!!

ウェルビヨンドLINEオープンチャット

✅Healthy
・世界で唯一のヘルシーチョコレート

✅Welthy
・紹介で無限のインセンティブ
・コインZOOMカードが唯一取得!
・更にコインを預け年利最大10%

とHelthy(健康)とWealhy(富)が両方手に入るのはウェルビヨンドだけ!

FILBONUS

✅ファイルコインを預けるだけ!
✅運用期間:1年

✅年間収益率40%!
✅年収を1/365にて毎日分配!

✅Tokencan登録後、専用のサイトで登録必要ですので、私の方に連絡ください!

ファイルコインマイニング【FILPOWER X / MAX】

[FILPOWER MAX]

✅540日運用!それも福利!
✅1TiB14万8千円,約45枚配布

[FILPOWER X]

✅1080日運用!即充填率70%スタート!
✅1TiB9万8千円,約28枚配布
どちらも、
FILが9千円以上で販売停止!それまでが買いタイミング!

-COINLIST

© 2021 【卒サラ研究所】公式サイト