PC,スマホ

【Google Authenticator】スマホ機種変更に注意!!

投稿日:

卒サラです。

先日iPhone12の記事を書きました。

【iPhone12Pro】Docomo(Xi SIM)とMVNOの両立!


2回線を使った時の、裏技的なことを書きましたが、
その他、いくつか重要ポイントがあります。

今回はその内、2段階認証についてお伝えします。
スマホの機種変更するときは、参考にしていただければ幸いです。

 

2段階認証

仮想通貨の取引所やウォレットなどで、
セキュリティを上げるために2段階認証します。

SMSや、メール送信でやる場合もありますが、
Google Authenticator(グーグルオーセンティケータ)でやる場合も多いです。

 

グーグルオーセンティケータの罠

しかし、グーグルオーセンティケータには、大きな罠があります。

それは、

バックアップできない!

ということです。

 

携帯を機種変更するときは、要注意です。

機種変更しなくても、スマホを水没させたり、壊したり、無くしたりしても同様です。

二度と復活しません。

 

対策1

従来、私がやっていた対策です。

やり方は、簡単です。

 

必要なものは、予備のスマホ。

私は古いiPhone6を使っていましたが、とうとう新しいアプリを入れられなくなったようです。
アップル側の足切りに合ったようです。

安い、アンドロイド携帯でもOKです。
1〜2万円ほど出せば、ありますね。

セキュリティが心配なら、中古はやめておきましょう。
新規で購入し、セキュリティソフトを入れておきましょう。

ESETならiOS、アンドロイド問わず、5つのガジェットが対応可能です。

 

そして、グーグル認証のQRコードの画面の読み取りになったときに、

2つのスマホで、グーグルオーセンティケータで、QRコードの追加ボタンを押し、

QRコードの読み取り画面にします。

 

コツは、2つのスマホで同時にQRを読み込むことです。

サイトによっては、読み取られると、
QRコードが消えてしまうようなものもあるので注意ください。

 

ただし、対策1ではスマホの機種変更をしたときや、
紛失したときもバックアップのスマホがあるので、
急にサイトが開なることはないですが、

新しいスマホになった時には、全てのサイトで一旦無効化し、
もう一度QRコードを2つのスマホに登録し直さないといけないです。

3つや、5つくらいなら問題ないですが、
10個、20個あれば、結構手間ですね。

そういう手間をかけたくない人は、対策2を参照してください。

 

 

対策2

 

対策2ではグーグルオーセンティケータではなく、

Microsoft Authenticator(マイクロソフト オーセンティケータ)を使用します。

 

公式のダウンロードサイトはこちらから。

アンドロイドもiPhoneもあります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.azure.authenticator&hl=ja

 

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-authenticator/id983156458

使い方は、グーグルオーセンティケータとほぼ同様です。

違うのは、ログインして使用しており、
もし新しいスマホに機種変更した場合は、
アプリをインストールしてログインすれば復活する、というスグレものです。

一つのアカウントに紐づけられているので、
マイクロソフトへのログイン情報と、再セットアップに必要な情報を奪われなけば、大丈夫です。

こちらも、対策1と同様に、古いスマホがあるのなら、
一緒にQRコードを読み取っておいたほうが良いですね。

では、快適な仮想通貨ライフをお送りください!

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

-PC,スマホ

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2021 All Rights Reserved.