SBLOCK

【SBLOCK/QuantumLeap】最新情報1月4日

投稿日:

SBLOCKからいくつか、重要な連絡があります。

1月3日公式発表

 

以下機械翻訳です。

2020ニューイヤージョイ
2020年1月3日
To:グローバルSBC保有者

これまでに、クアンタムリープは11ラウンドを成功させ、
レゾナンスしたSBCは2つの取引所に上場し、
取引高は8億ドルを超えました。
財団は、その継続的な熱意とサポートに感謝します。

この新しい年には、世界中のユーザーと連携して、
Quantum Leapのより優れたバージョンをリリースします。

次のポリシーが導入されています。

1)コミュニティリーダーレベルのメンテナンス拡張

-すべてのリーダーは、1月4日から1月6日(北京時間午前6時)まで、ウォレットレベルをアクティブにすることができます。
アクティベーションレベルの要件は次のとおりです。

プラネット:100 SBOを購入
スター:300 SBOを購入
Galaxy:500 SBOを購入
ユニバース:1000 SBOを購入

財団は、グローバルリーダーがこのアクティベーションイベントに参加することを奨励しています。

2)「10個のレゾナンス20を購入」グローバルレゾナンスコンセンサス、1月3日から有効(北京時間午前6時)

-取引所で少なくとも10個のSBOを購入したユーザー(推定排出量)は、さらに10個のSBOをSBCにレゾナンスさせることができます。
たとえば、1000 SBOのユーザーは、2000のレゾナンスクォータを達成するために交換で1000 SBOを購入するだけです!
(リーダーは、「放射線ゾーン報酬」と「重力ゾーン報酬」からレゾナンスクォータを受け取ります

-このポリシーは、「放射線ゾーン報酬」と「重力ゾーン報酬」の10倍の乗数を置き換えます。
「レゾナンスクォータ」は自由に譲渡可能で、世界中のユーザーがより効果的に活用できます。

3)財団と取引所は共同でMasterNodeポリシーを作成し、レゾナンス取引に加えて、ユーザーが最大60%の年間収益を享受できるようにします!次の2つの期間に分割されます。

(a)WBFexアカウントの既存のSBCの場合:1月3日から1月6日まで(北京時間午前6時)、ユーザーはQuantum Leapの「SBC MasterNode」-「External MasterNode」からWBFexの詳細を送信して、24%の年間ノードを利用できます1月7日からの返品(最大3か月)。

返品はUSDTで毎日発行され、SBCの価値は0.50ドルです。
1月6日より前にホワイトリスト1にレゾナンスしたSBCは、この期間にMasterNodeに参加できます(SBC価格0.50ドルでのレゾナンス率)。
ウォレットでレゾナンスした後、Quantum Leapで「SBC MasterNode」-「Internal MasterNode」を選択します。

(b)1月3日の新しいポリシー後の排出によって発生する「レゾナンスクォータ」は、ノード収益(90%MasterNode、10%取引)のために1月6日にSBCにレゾナンスします。
各SBCトークンは、毎日の共振率で共振し、60%の年間ノードリターン(最大3か月)を獲得します。返品はUSDTで毎日発行されます。

(c)MasterNodeに参加したくないユーザーは、元のホワイトリスト3フロープランを手動で選択できます。ホワイトリスト1に120日間にわたって均等にリリースされます。

*両方のオプションは実行後に元に戻せません。オプションが選択されると、SBC(インクルードノードリターン+取引単位、ホワイトリスト)を保持するか、新しいユーザーに転送できます。

4)毎日のシステム自動共振率調整

(a)1月3日から1月6日(北京時間午前5時59分)まで、レゾナンス率はSBC価格0.50ドルでロックされます。

(b)1月6日(北京時間午前6時)から、共振率は元の48時間平均(25%の差)から毎日の共振率に調整されます。 SBC価格は、最も近い0.05ドルに切り上げられます。例:北京時間06:00のSBC為替価格が0.08ドルの場合、その日の共振レートは0.10ドルになります。交換価格が0.17ドルの場合、1日のレゾナンス率は0.20ドルになります。

(c)ホワイトリスト1に送られたトークンは、取引操作を容易にするために1月6日以降に自動的にSBCにレゾナンスします。

Sブロック財団
2020年1月3日


SBOを売りたいのに、買えと言っていますね。
それもリーダに押し付けさせている時点でどうか、という感じですが、、

かなり日本語が難しく、難解です。

細かく内容が分かった時点で、またシェアしたいと思います。

    QuantumLeap Strong Consensus Big Dream(大きな夢への強い総意)


さらに、SBOの価値を上げるための施策が色々と書いていますね。

売りに出したSBOがキャンセルできなくなる。
ホワイトリストが早く貯まるようになる。
レゾナンスのコストが2SBOから0.1SBOと随分安くなる。

といった感じですね。

 

QuantumLeap2.0について 12月25日発表分

上記で少し条件は変わりましたが、

QuantumLeapの根幹はこの資料で分かるかと思いますので、一応載せておきます。

 

ほとんどの皆さんは、彗星(comet)だと思いますので、それに関わる部分だけ、機械翻訳しておきます。

[Quantum Leap 2.0の新しいレベルと興奮メカニズム]

2019年12月25日に更新

[自然放出] 外部の影響を受けずに原子の内部運動のために発生する放出は、「自然放出」(-SBO)と呼ばれます。

要件:追加の60%のエネルギー消費 [誘導放出] 高い状態のSBOは、光励起により低い状態に放出され、その過程で放射線を放出します。
これは「刺激放出」と呼ばれます。
各誘導放出は、25%の「量子興奮」を生成します。
たとえば、100 SBOの誘導放出は、25 SBOの量子励起を生成します。

[排出オプション] -500 SBO
-300 SBO
-100 SBO
-50 SBO
-10 SBO

[新しいレベルと興奮メカニズム] 1.ファン
-Quantum Leapアカウントを登録して作成する人は誰でもファンです
2.彗星
-Cometに昇進するために、少なくとも10 SBOの個人刺激放出(11月19日のクワンタムリープの開始以降)。

「量子放射線ゾーン報酬」は、次のようにアクティブになります。

量子放射線ゾーン報酬
放射レベル
誘導放射線
要件
フォトン(レベル1)
光子放射による誘導放出x 8%
地図1彗星
電子(レベル2)
電子放射による誘導放出x 4%
マップ2コメット
Neutron(レベル3)
中性子放射による誘導放出x 2%
マップ3彗星
*ユーザーレベル(Cometを除く)は放射線レベルと同じではありません。レベル構造は圧縮されています。

~中略~

[新しいホワイトリストフローメカニズム] ホワイトリスト1:システムは、ユーザーSBOの0.05%を、
全世界で240万件のトランザクションごとにホワイトリスト1クォータにリリースします。
これはいつでもSBCに響き渡り、交換プラットフォームで取引できます。

ホワイトリスト2:キャンセル。
システムバージョン1.0のすべてのホワイトリスト2クォータは、
バージョン2.0の開始時にホワイトリスト1に転送されます。
これはいつでもSBCに共鳴できます。

ホワイトリスト3:新しいシステムでは、
(a)刺激放出+総量子励起の25%がホワイトリスト3のクォータにリリースされ、160日にわたってホワイトリスト1に均等に排出されます。
(b)量子重力ゾーン報酬と量子重力ゾーン忠誠報酬の両方の70%がホワイトリスト3の割り当てに解放され、160日にわたってホワイトリスト1に均等に排出されます。

12月25日済州島会議「ホワイトリストフローの加速」イベント
期間:2019年12月25日から2020年1月20日まで
詳細:ホワイトリスト1へのホワイトリスト3のフローは、120日間に加速されます。バージョン1.0のホワイトリスト3も参加できます。
USDT変換への興奮
〜Quantum Leap 2.0以降、Quantum Gravitational Zone RewardとQuantum Gravitational Zone Loyalty Rewardの両方の30%が自動的にUSDTに変換され、ユーザーのウォレットに預けられます。

 

 

オススメの投資案件!!

月利の利益!バカラオートシステムNatural8

カジノ・バカラで夢のオートベットシステムで、自動で稼げる!
団体戦で負け知らず! 現在、SNSで情報公開中!
LINE@は、こちらから

もしくはBANDまで!

新しい稼ぎ方!「Diamonds Capital(ダイヤモンドキャピタル)」

少額($20)から運用できるダイヤモンドキャピタル!
確実に配当が入ってきて、出金が直ぐに出来て便利で安心!!

更にパワーアップした!『MunicsBank』

YouBank社、マレーシアのMonspace社と合併し、
旧YouBankのウォレットは、MunicsBankウォレットに生まれ変わりました!

他の案件とは一線画すリアルビジネスでの実益を背景に、今後様々な方向に躍進することが予定されています!

-SBLOCK

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.