ウェルビヨンド

【ウェルビヨンド】究極!?の仮想通貨出口戦略!! Well Beyond

投稿日:2021年2月15日 更新日:

卒サラ(@sotsusara)です

 

本日は、仮想通貨の出口戦略決定版!

ということでお伝えしていきたいと思います。

 

仮想通貨の出口戦略困ってませんか?

 

 

また、最近はビットコインを始め仮想通貨の爆上げで、

「最終的に現金化や買い物をするときに、どうするの?」と悩む人が出てきています。

 

もちろん、私がおすすめしているGXTTも爆進中です!!

 

もちろん、日本の取引所で日本円に交換することも可能ですが、

手続きが面倒だったり、結構手数料取られたりするし、わざわざ銀行に送るのにも手間暇かかるし。。。

 

NEMの流出騒ぎで580億円も失ったコインチェックがのうのうと営業を続けられているのは、

情弱の爺さん婆さんから、仮想通貨を高く売って、安く買い叩いていくという

「仮想通貨取引」ではなく「仮想通貨販売」を多用し、

損失をカバーしても有り余る利益を出しているんですね。

 

こういう日本ならではのせこいビジネスをやっているんです。

どれくらいぼったくられるのかが、分かりますよね。

 

 

「さっと使えるカードがあれば、良いのに。」

 

 

という仮想通貨の所有者が沢山いるいうことで、

今まで何種類かの仮想通貨の出口戦略であるカードをお伝えしてきました。

 

 

✅現地株式の投資を含めたインドネシアの銀行カード

 

✅ラオスの銀行と提携したLexxPayもしくはPayGoのカード

 

✅現地で不動産投資を見据えた欧州ジョージア(旧グルジア)のカード(個別で案内してます)

 

どれも、

それぞれに特徴がありますが、

 

今回は、今までになかった、ちょっと違ったデビットカードをお伝えします。それも、、、

 

 

✅最安値で取得できる!

 

✅アメリカの完全な規制順守が認められいている

 少数の仮想通貨取引所の1つと提携している!

 

✅最大5%キャッシュバックされる!

 

というカードにになります。

 

興味が出てきましたか?

 

 

 

答えはこれになります。。。

 

 

 

そう、、、

 

チョコレート!?

 

「卒サラさん。何を血走っているの?」

と言われるかもしれないけど、

 

 

本当なんです!!

 

 

それも、

 

ヘルシーチョコを購入するだけで、

仮想通貨の両替・出金・ショッピングができるデビッドカード

実質たった5千円で入手できる!』というある意味最強カードです^^;

 

 

「なんの冗談?」「意味不明」と言われるかと思いますが、真実なのです。

 

すぐに登録したい方はこちらから。

 

 

 

会社及び事業内容ヒアリング

 

そのチョコレートの会社は

「Well Beyond」(ウェルビヨンド)

と言います。

 

ウェルビヨンド社は、

アメリカのソルトレイクに本社がある会社で、

世界で唯一のヘルシーチョコやカカオに関する商品を売っている会社です。

 

 

✅普通のチョコレート

= 熱処理、アルカリ処理されたカカオを使い、ワックス、乳固形分、硬化油、砂糖などが添加されたもの

✅ビヨンドのチョコレート

 = 独自の低温加工技術(コールドプロセス製法)天然のココアバター、甘味料など
100パーセント天然材料だけを使用したヘルシーチョコ

 

まずは、ウェルビヨンドのチョコレートについて、

YouTube動画を見てください!

これを見れば、一発でどんな商品なのかわかりますので。

 

 

昨年11月末にGXTTでお世話になったチャトラン社長さんと神戸で会合し、
(ハタから見れば、不倫しているカップルにしか見えんかったやろな(笑))

「ビヨンドウェルスやるので、一緒にやりましょう!」と言われてまして、

ちょっとネットで調べていましたが、あまり良い印象がなく、

「あぁ、ビヨンドかあ(残念)」と、思ってました。

 

 

*なぜ、ビヨンドの風評が悪かったのか、またウェルビヨンドとは違うのか?については、下の方で解説します。

 

そして、ようやく1月に実際にチャトランさんからお声がかかり、

コロナ禍の状況なので、1月末に個別でZOOM会合を設定していただき、

ウェルビヨンドの日本代表者の田渕社長と面談させていただきました。

 

下の写真のブルーのシャツで植林している方が田渕社長です。

 

実際に話を聞いて、

ウェエルビヨンドの見方が180度変わりました。。。

 

田渕社長はとても、紳士で丁寧で、

その後何度か問い合わせしましたが、しっかりと受け答えもして頂きました。

 

また、事業内容についても、最初は

「なんだチョコか、、、」

「それやったら、GODIVAとか、Lindt」

「高級チョコなら、ピエール マルコリーニ、ジャン=ポール・エヴァンとかな」
(食べたことないけど)

と思っていましたが、

世界唯一の製法でカカオの成分を守りながら、

アメリカでチョコとイメージすると、デブの食べ物と想像しますが、

逆にダイエット食にもなるなんて、びっくりです。

本当に健康を目指した製品作りになっている、ということを聞いて

結構「おぉー!」と内心感動しました。

 

その会社ヤバくないの?

 

でも、少し仮想通貨界隈に詳しい方だと、

「ビヨンドって悪い噂しかないけど、、、」

と言われるかもしれません。

 

例えば、

とまあ、こんな感じ。

また、ビヨンドウェルスをやっていた知人に聞いてみると、

「ONYXとウェルビヨンドが合併して、Beyond Welthに名前が変わってます。
(今でもウェルビヨンドでの登録があるみたいですが、同じものです)」

とますます頭がこんがらがりました。

 

これは、直接聞いてみるしかない!と

「ウェルビヨンドとビヨンドウェルスって一緒なんですか?」と社長に問いただしましたら、

「別会社です。但し、少しややこしいのですが、、、、」と説明してくださりました。

 

ウェルとウェルスの違い?

 

これは、私がネットで調査した限り、どこにも書いていなかった情報ですので、

きちんと説明したいと思います。

 

 

  • まず最初に、「Well Beyond」「Beyond Wealth」は全く別の会社、経営になります。
  • 「Well Beyond」は、もともとチョコレートの会社。MLMでの販売。
  • 「Well Beyond」の創業者兼CEOのジェレミー・レイノルズ氏は、COINZOOM社のCEOトッド・クロスランド氏は知り合いであり、
    以前から(ONYXとの提携前から)、「Well Beyond」のチョコレートとCOINZOOM取引所との連携ができていた。
    (両社とも本社がソルトレイクシティになっていたので、昔から知っていた可能性もありますね)
  • ONYX社(「Beyond Wealth」の前身の会社)という会社がMLMで仮想通貨レンディングサービス(LQD8)とデビットカードを掲げて拡散していたが、途中で頓挫
  • その後、「Well Beyond」チョコレート+COINZOOM取引所に目とつけたトラビス・ボット(「Beyond Wealth」の創立者)が、声をかけて、社名も一新し、「Beyond Wealth」として、その後'20/6に「Well Beyond」、COINZOOMとの提携を行った。
  • 「Beyond Wealth」は法定通貨と暗号通貨の懸け橋となる、というビジョンであり、もともと資産形成を意図した会社です。
    この時、「Well Beyond」のMLMは大した大きさにはなっておらず、「Beyond Wealth」が前面に押し出た形となり、
    「Beyond Wealth」からみると、「Well Beyond」はサービスの一部にしかみえなかった。
  • しかし「Beyond Wealth」が色々とやらかしているので、「Well Beyond」社としても「もうたまらん!」ということで、
    '21/3には提携を解消し、全く別の道を歩むことになるとのことです。
  • 「Beyond Wealth」のグループ事業からは、チョコレートの部分は削除されるでしょう。COINZOOMについてはまだわかりません。。

 

 

理解できたでしょうか?

 

ウェルビヨンドと、ビヨンドウェルスはもともと別会社別経営で、

昨年6月から提携をしていたので、一緒の様に見えましたが、

来月の提携解消を機会に、本当に別物になります。ということです。

 

 

ウェルビヨンドからすれば、

声をかけてくれたビヨンドウェルス(旧ONYX)が、名前も寄せてきた上に、

カードが届かないやら、投資案件がうまく行かないなど、色々と問題を出してくれるので、

提携解消せざるを得なかった、という感じになります。

 

なので、

「ビヨンドウェルス側のことは気にしないでください!!」

というのが、私からのお願いです。

 

ウェルビヨンドは、カカオのコンシューマ製品を製造・販売している会社で、その販売網はMLMになります。

良いコンシューマ商品をMLMで売っていく、というのはアメリカでは当たり前のことです。

 

MLM=悪。怖いというのは日本くらいですね。

私は前に駐在していた東南アジアでも、Facebook見ればみんな思い思いの商品を個人で販売していますね。

 

MLMだと、変な商品を友人・知人に売ると、後で大変なことになるので、

そういう点ではMLMの方が商品がしっかりしてたりします。

 

デビッドカード比較

 

「じゃあ、今まで推奨してきたカードとどう違うの?」

ということで、

比較表を作りました!

 

 

各リンクについては、下記表を参考ください。

Well Beyond LexxPay/PAYGO GOGOバリ BCG
口座開設リンク ウェルビヨンド
ビジネスプラン登録
LexxPay

PAYGO

GOGOバリ BCGは、BANDかLINEで問合せ下さい
個別で対応します

 

・まとまった金額を投資するのであれば、GOGOバリ、BCG

・とりあえず、出金だけできれば良いのであれば、LexxPay/PayGo

・COINZOOM取引所連携や世界唯一のチョコレートで格安のカード!
というのであればウェルビヨンドで決まりです。

 

じゃあ、Well Beyond(ウェルビヨンド)と、 Beyond Welth(ビヨンドウェルス)

のカードは違うのか?についても、比較表を作りました!

 

*ビヨンドウェルスはネットで調査したのをまとめています。
ビヨンドウェルスは、何度もルールが変更されていて、会員すらついて行けてない様なので、
途中で仕様が変わっている可能性はあります。

 

ビヨンドウェルスでカードを作ったら、かなりお高めですね。

3月以降COINZOOMとの提携がなくなれば、カード自体が作れなくなるかもしれませんね。

 

 

コンシューマ商品の製造販売会社が仮想通貨取引所と提携している理由とは?

 

今、49ドルでデビッドカードが貰える理由とはなんでしょうか?

 

  • アメリカ法人の商品を個人輸入している。
  • また、その商品のMLM販売(要はアフィリエイト)している。
  • アメリカ法人から、日本の個人へ報酬を払うには米銀行→日本銀行への国際送金になる。
    (ちなみにアメリカの銀行送金は価格も高く、日本比べてめっちゃ遅い)
  • それよりは、トークンでの支払いにして、デビッドカードで渡した方が、安いし簡単!

 

「MLMの配当は、トークンで渡すので、あとはカードで引き出してね。」

ということです。

 

だから、チョコの会社が仮想通貨取引所と提携しているんですね。

 

通常であれば、アメリカの国民でしか持てない、デビッドカードを所有ができる!ということです。

 

  • 米国の商品を売っている
  • 米国の企業から報酬をもらっている
  • 報酬は、米国の銀行(のようなもの)に送金されている
  • お金はATMでおろせたり、デビットカードで買い物されると、口座から引かれる。

 

わかる人なら、これがどれだけ凄いことなのか分かると思います。

この重要性が。。。。

 

日本の企業も、日本の銀行も、日本の仮想通貨業者も、何も関与していませんよね?

完全にアメリカの企業で働く人と同じ環境だということです。

それもアメリカの個人番号も無く、そしてアメリカに税金を治める納める事なく。

 

スマホやITが発展したお陰でこういうことがフツーにできる世の中になっていきたということですね。

 

 

注意点

 

と、良い事ばかり書いてきましたが、

ウェルビヨンドについても、カード提携が期限付きになるかもしれません!!!

 

「何で!!??」と思われるかにしれませんが、

 

実は、ウェルビヨンドの会員が、

’20/6までは、600人だったのが、

’20/9には1800人、現在は2000人くらいになっているとのことです。

もちろん、これは定期的にチョコレートを買っている人数です。

 

もし、3000人以上くらいになれば、日本もグランドオープンするということです。

現在は、日本の拠点はあるが、商品の発送や会員の管理、ボーナスの管理や配当などは全てアメリカにあります。

 

これが、本格的に日本の拠点に機能が移ればどうなるか?ということです。

 

そう、

『配当が日本の会社から出るようになれば、カードは必要ない!』ということです。

 

今時点でいうと、アメリカの商品を売って、アメリカ国内で配当をもらうので、

デビットカードが必要だったのですが、

日本の会社で、日本円で報酬もらうのであれば、

アメリカのデビッドカードを渡す必要が全くなくなるのです!!

 

先に、カードをもらっている人は更新できるということですので、

もしかしたら数ヶ月とか、日本の会社に機能が移るのに半年とかいう期限で

カードの配布はなくなるかも?ということです。

 

ということですので、卒サラのメンバーにはいち早くお伝えしようと思い、

ブログを準備しました!

 

注意点

ウェルビヨンドには、フリーダイヤルで日本語のサポートが5名居られるということですが、

カードについては、COINZOOM側の話なので、聞いてもあまりわからない様です。

これについては、私からの紹介の方については、COINZOOM側に問い合わせる様にお願いします。

多少のことであれば私でも対応します。

維持費用も無いようなカードですので、そこまでウェルビヨンドに頼るのはやめておきましょう^^;

そういう大人な対応ができる人に参加して頂きたいです。

 

 

商品について

 

最初に購入する商品は200Aパックというもので、322ドルです。

コンボパック102ドル

XeTRM 98.5ドル

CBD129ドル

計329.5ドルが、一括購入で322ドルということですね。

ちなみに本日、XeTRMが家に付きました!後の2つはまだ佐川にある様です。

こんな感じ。

 

ダイエット用みたいな感じですね。

若干体重増え気味なので、早速飲んでみました^^;

少し甘酸っぱいくらいで、コップ一杯なので、食前にサクッと飲みました。

 

そうしたら、横から

「何それ?ダイエットできんの?」

と、現在夕食をプロテインダイエットしている嫁さんが出てきて、

「1本頂戴」と言って、早速飲みました。。。

どうやら、飲み続けるらしいです。

 

一人で1ヶ月試そうかと思っていたら、15日間になりそうですが、

体重がどれくらいになったかお伝えしたいと思います。

嫁さんの体重を報告できるかどうかはナゾですが。。。

 

カードは忘れてて、今日手続きしたところなので、また報告しますね。

チャトラン社長はちょうど6週間で来た様です。

 

 

Coinzoom取引所について

★COINZOOMとは

  • SEC(米国証券取引委員会)登録
  • FINRA(アメリカ金融産業規制機構)登録
  • FinCEN(アメリカ金融犯罪取締ネットワーク)登録
  • BitLicence(アメリカの暗号通貨ライセンス)登録
  • SIPC(先物取引委員会)登録

を持っている、アメリカでも数少ない会社です。

クラーケンやCoinbaseなどと比較されるくらいの信用度ということです。

 

★保険にもしっかり入っており、

  1. 保有する保管資産は、世界の保険市場の雄であるロイズを通じて最大1億米ドルの保険に加入
    コインチェックのような被害に見舞われた場合、保険契約で資金をカバー可能ということですね。
  2. オンラインで顧客資金の2%未満しか保有せず、残りはコールドウォレットに保管しているので、取られる心配も無いです。

 

 

★BitGo Trust Companyを、機関資格のあるカストディアンおよびデジタルウォレットセキュリティプロバイダー

として選択し、BITGOのウォレットと提携しています。
BitGoの特徴は

デジタルウォレットセキュリティで有名なのはご存知の通りです。毎月100億ドル以上の取引を行っているのは凄いですね。

 

★もちろん、今回のカードにてVISAとも提携。

  1. 世界中、約5300万店以上で使用出来、 キャッシュバック有りVISAデビッドカード
  2. 暗号通貨を35以上の法定通貨にATMキ ャッシング可能
  3. 全世界のSWIFT コード保有の銀行へ国際 送金可能
  4. 暗号通貨から法定通貨の換金手数料が 0.1~0.2%

かなり便利で手数料もすごく安いですね!!

 

COINZOOMはオーストラリアにも公式の取引所を設置しています。

 

★顧客管理、コンプライアンス、マネロン対策も完璧。

HPには、「40か国以上からの数十万の顧客に対するKYC、AML、OFAC、およびFinCENコンプライアンスチェックでの数十年にわたる法務および規制の経験です。」と書いていました。

「え?数年の会社なのに40年は無いやろ」と思いましたが、

どうやら、KYC、マネロン対策の専門の会社(Acuant)と提携したということです。記事はリンクをみてください。

 

などなど、かなり穴が無い感じの取引所になっていますね。

 

本ビジネススタートするに際して

 

デビッドカードが実質5000円で手に入れられる!それも期間限定であるということで、

今後、申し込みが殺到すると思われますが、

私としては、単なるカード取得ではなく、

『チョコレート会社を応援する』という意味合いで、投資していきたいな、と思っています。

 

もちろんウェルビヨンドが素晴らしい会社で、素晴らしい商品を作っている、

ということもありますし、

田渕社長に惹かれたということもあります。

 

昨年6月ごろから、私のブログがSNSで紹介する投資案件を大きく舵取りしてから、

チャトラン社長をはじめ、多くの良いかたに出会ってきました。

昨年から一番感じたのは、発信している周波数に合った人と出会っていける、ということです。

 

それまでは、イケイケのHYIPを紹介していたので、

やはりそういった人にしか出会えませんでした。

とにかく人よりも「金」「金」という感じでした。

 

でも、今は「お金」もそうですが、気持ちよく投資できる環境になってきました。

もちろん投資なので、予定外の出来事などもありますが、

そういうものを真摯に乗り越えていくと、やはりそういう人とのご縁ができてくると思います。

 

これが、いわゆる「呼び寄せの法則」とか言われているものだと思います。

 

数年前に、ある方のセミナーに行った時に、その講師の方が、

『この世は、「見えないもの」が「見えるもの」をつなげている』と言われてました。

 

その時は、「ふーん、そんなものか」と思っていまいしたが、

今では「そうだよね」と確信できるようになりました。

 

これについては、またどこかで詳しくお話したいと思いますが、

やはり「お金(円)」も「人(縁)」が運んでくる、ということです。

 

今後も、ご縁を大切にしながら、

投資案件も、「誰から」の案件なのかが重要だな、と感じています。

 

なので、そういうご縁で、私も

「これを見てくれているあなたに、このアツい案件を繋げられたら、非常に嬉しいな」

と思い、必死に記事を書きました!

 

かなり前置きが長くなっていましたが、

少しでも、お役に立ちたいと思いますので、

ご招待していきたいと考えています。

 

とにかくすぐに登録したい!という方はこちらから登録ください。

 

<<スタートに際しての注意点>>

■スタート時の初回購入として

・上記200A (322ドル)
・コインズームのカード (49ドル)
 (コインズームのアカウントは後日作成するので、先にご自身で作成しないでください!)

 を購入ください。

■定期購入をしないと登録完了しないので、

・チョコレートを何か購入してください。(約100ドル)

 *定期購入は後で解約できますが、カードがもらえる意味
「MLMの報酬を米国資産としてもらえるためのカード発行するよ」ということを読み取って頂き、
チョコレートの事業を進めるからこそカードが手に入れられるので、

  このビジネスをしていく限りは、定期購入をお願いします。もちろん私も購入しています。

 

あと、別にフェイスブック登録があり、

カントリーマネージャー田渕裕哉社長が情報を流していますので、こちらも登録してくださいね。

 

興味ある方は、順番にZOOMセミナーにて、実際に話を聞いて頂きたいと思いますので、

 

興味ある方は、私の方までLINE、BANDにて連絡ください!!!

 

では、あなたの参加をお待ちしています!!

登録し、定期購入された方は、

卒サラのウェルビヨンド専用のチームにご招待します!

 

 

8000文字も書きましたが、まだお伝えできていないところは、

またフォローさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

-ウェルビヨンド

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2021 All Rights Reserved.