仮想通貨

イーサリアムは爆上げするか!?DEVCON4で予測できること。

更新日:

DEVCON4

 

仮想通貨時価総額で不動の2位を誇るイーサリアムですが、
10月31から11月2日にイーサリアム(ETH)のデベロッパー会議DEVCON4)が
チェコの首都プラハにて開催されまして、様々な情報が明るみになっています。

https://devcon4.ethereum.org/

 

 

イーサリアム企業連合(Enterprise Ethereum Alliance)は
世界最大のブロックチェーンコミュニティであり、
マイクロソフトを始めとする世界500社が今後、
イーサリアムブロックチェーンを企業内で活用していこうとしています。

DEVCON4の公式サイトはこちら

1日目の詳細はこちら

 

2日目の詳細はこちら

 

詳細資料はこちら

*全て英語です。

 

メタマスク(METAMASK)

 

最もダウンロードされている、イーサリアムのクロームブラウザ拡張機能のメタマスクですが、
10月31日のDEVCONでモバイルアプリ版が出ると発表されました。

 

アメリカ、ニューヨーク本社のソフトウェア会社ConsensysのCEOで
イーサリアムの共同設立者でもあるジョセフ・ルビンはツイッターで下記の様に発表しています。

「みんなに愛用されているイーサリアムのブラウザ拡張機能が、
 あなたのスマホにもアプリとして登場した。
我々は単なるウォレットとしての機能ではなく、
 このアプリを全てのブロックチェーンの世界へといざなうことにターゲットを絞っている」

メタマスクは、グーグルクロームや、ファイヤーフォックスの拡張機能で、
グーグルウェブストアでは100万回以上ダウンロードされています。

ユーザーは、ブラウザ上で分散型アプリケーション(DApps)を実行することにより、
簡単に通貨のやり取りなどを出来ます。

これがスマホのアプリになることにより、
現在の通貨のやり取りでなく、今後はスマートコントラクト(次世代の契約)が加速すると思われます。

 

イーサリアム2.0

 

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が
10/31に行われた上記会議にて基礎講演を行い、
「イーサリアム2.0」のロードマップを発表しました。

このプロジェクトはセレニティ(Serenity)とよばれていて、
イーサリアム上では最も期待されているアップデートになります。

既に、開発チームが3~4年かけて開発されており、
様々な機能を組み合わせてシステム統合しているとのことです。

イーサリアムのスケーラビリティ(拡張性)は急激に増加し、
おそらく現在の1000倍になるであろうという事で、
過去に例をみない「ビッグ・ローンチ」になると思われます。

同期確認に8~16秒
最終決定まで10~20分
になるということです。

1000倍速い訳では無さそうですが、クレジットカードくらいのスピードにはなりそうですね

イーサリアム2.0が世に出される前には、いくつものセキュリティの確認が行われます。
最終的な日程はヴィタリックはそう遠くないと言及しています。

 

新しいICOの形

 

ERC-20トークン標準を作り上げた開発者ファビアン・フォーゲルステラー氏は、
「リバーシブルICO(RICO)」と呼ばれるイニシャル_コイン・オファリング(ICO)の
新しいモデルを発表しました。

 

 

2018年のICOは、ほとんどが不発で投資家たちも二の足を踏んでいます。

リバーシブルICOは、投資家保護のためシステムで、
投資家の資金をいつでも引き出せるようにしています。

通常のICOでは、投資した段階から上場するまでの期間ロックアップがあり、
資金を有効利用できません。

ホワイトペーパー通りに、上場すれば良いですが、システム開発の進捗具合や取引所の都合で、
上場時期が大きく変更することも、仮想通貨業界では珍しくありません。

今後はICO活発化のために、色々な方策がとられてくると思いますので、
動きが出てきたら詳しくチェックしたいと思っています。

 

今後のイーサリアムの展開

 

世界最大手オフショア投資顧問企業deVere Groupの創業者CEOの
ナイジェル・グリーン(Nigel Green)氏は、CCNとのインタビューの中で、
「XRPとイーサリアムは、最終的にBitcoinのドミナンス支を凌ぐであろう」と指摘しています。

 

ドミナンスとは仮想通貨全体の時価総額における、その通貨の時価総額が占める割合の事を言います。

現在はビットコインが仮想通貨全体の50%程度を占めており、
この数字が高いか低いかが世間の注目を浴びています。

この数字をリップルとイーサリアムが超えるということは、
それぞれが30%くらいになって、ビットコインが20%以下になる、ということでしょうかね。

今後、仮想通貨の市場価格が大きく上がることが予測されていますので、
ビットコインの価値が今の50%から20%まで急激に下がる訳では無いと思います。

ビットコインの価値が下がるよりも、リップル、イーサリアムの価値が上がり、
相対的にビットコインの価値が下がる、と考えた方が理屈的には合いそうです。

このストーリーで進むのであれば、リップル、イーサリアムは爆上げする可能性があるという事です。

 

オススメの仮想通貨業者!!

アルトコイン豊富!Binance(バイナンス)

「Binance(バイナンス)」は中国発の仮想通貨取引所で 世界最大の取引高をほこる取引所です。
アルトコインの種類が多い。100種類弱!!
草コインの投資で数百倍のリターンを得られる可能性があります
このような取引所は日本には無いので、ぜひ作っておきましょう!

バイナンスにないアルトコインは【Bit-Z】

Bit-Zでは120種類以上が上場されています。
Binanceには無い通貨が沢山あります。
新しい通貨が上場することもありますので、
大きなリターンを得るためには、
必ず登録しておきましょう!

世界三大取引所の一角フォビー

HUOBI(フォビー)は世界三大取引所の一つです。
取引高でも3位の大きな取引所です。

HUOBIの中でもらえるHTトークンは、今後高くなる可能性あり!
HTトークンは普通の仮想通貨と交換もできます。

ビットコインを購入するなら BITPoint

BITPOINT

・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無・Meta Trader4(MT4)にも対応!
日本で初めてビットコインのMT4取引を実現した取引所です。

東証一部上場のGMOのグループ会社

東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社

・話題のリップル含む5種の仮想通貨で取引可能!
※取引所はビットコインのみが対象となります。
・仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』
全9種類のテクニカル指標を利用可能
・仮想通貨ウォレットアプリで簡単操作!

-仮想通貨

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2018 All Rights Reserved.