仮想通貨

ウォレット系案件の終焉と今後

更新日:

卒サラです。
ビックリさせるニュースが飛び込んできましたね。

私が参加を見送った2件のウォレット系案件がダメになりました。

どちらも私は見送っていた案件なので、とりあえず良かったです。

 

ブロックエコが急に出金停止!

2019年6月スタートしたウォレット系投資案件の
ブロックエコですが、

10月7日にハッキングに遭い、出金停止すると事務局から公式にアナウンスがあったようです。

配当が月利8~20%とのことでした。

https://twitter.com/E_P8888/status/1180869291219902464?s=20

提携している企業が、実は提携していなかったり、
とウソが多いこともあり、

また、儲かることが先に出すぎていたので、
私は、投資を見送ってました。

 

ICBウォレットもダメになっていた

少し前ですが、

2018年12月スタートしたICBウォレットが、
同様に9/19ハッキングに遭い、入出金停止しています。

配当:月利12%

ウォレット内でのロック期間が90日と長かったのは少しネックかな、と思っていました。
(実際には90日以内でも出金することが可能だが、手数料が大きいので、実質ロックと一緒)

最初に買った方は、9か月間あったので、それなりに原資は確保できたかと思いますので、

まるっきりダメな案件では無かったかと思います。

取引所で独自通貨であるICBXは10倍くらいに増えていたので、
ここで利確された方にとっては、それなりに資産を増やせたあ案件ではないでしょうか。

年末は、まだプラストークンが生きていましたので、
その時は、ウォレットといえば、

プラストークンか、ICBか、という感じだったと思います。

私はプラストークンの方を運用していて、
もう一つウォレット案件への理解ができなかったので、
ウォレット系としては一つのみの投資、としていました。

 

まとめ

この前のブログでも少し触れていましたが、

1.どんな案件でもリスクはあります。

ハイリターンでローリスクであることは、まず無いと認識しておきましょう。

どんな大きな取引所でも、ハッキングを受けてボロが出る時もあります。

なので、案件を信用しすぎないことが需要です。

そうすると、一つの案件でお金を突っ込み過ぎないようになります。

私は、一つの案件ではありませんが、
この2年ほどで仮想通貨案件やFX案件等で400万円以上も損失を出しています。

しかし、今もなお確実に資産を増やしていけているのは、きちんと分散投資をしているからです。

鉄則:投資は必ず分散して運用しましょう!!

2.ハイリターン案件は必ず原資を確保しましょう!

ブロックエコの様に、4か月で終了してしまうと、なかなか難しいですが、

ハイリターンなので、利益を出金しておくと、半年くらいでg原資を確保できることが多いです。

紹介をしていけば、数か月でも原資を引き抜くこと可能です。

原資を引き出した後は、利益(余剰資金)のみでの運用になりますので、

例えゼロになっても問題はありませんよね。

どうやれば、原資を確保できるのか、
いつから原資を確保するのか、

ということを投資するときにしっかりイメージしてから、
投資を行ってくださいね。

私の方はいろんな案件に、とりあえず人柱(ひとばしら)として、良いと思った案件にはすぐに投資していますので、

多少、原資確保は無視しながら進める時もありますが、

逐次投資している案件の経過をお伝えしているので、
それを見て、「行けそうだ」と思うときは、
スタートしてもらえれば良いかと思います。

もし今後、投資をするのであれば、
今であれば、下記の案件になります。

(ランキングを見てください)

こちらのブログの下の方に、オススメ案件を記していますので、
参考にしてください。

オススメの投資案件!!

プロの技術で資産が増える!

★少額(約1万円)から運用できる!
★並外れたFX取引プラットフォーム!

★運用はプロがするから安心!!
(あなたは、何も取引する必要ありません!)
★実績があり、全ての取引が確認できる!

 

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

-仮想通貨

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.