仮想通貨

仮想通貨リップル(XRP)は今後爆上げするのか?卒サラおっさんの予測は?

投稿日:2018年8月3日 更新日:

どうも、卒サラです。

LINE@の友達登録者の方々からリップルについての問い合わせが多かったので、

私の見解をシェアしたいと思います。

リップルってどんな仮想通貨?

私のリップルの第一印象としては、

リップルは、過去に大爆発した仮想通貨で、
今はあんまりパッとしない、という印象です。

ですが、もちろん老舗であり、
総資産3位の仮想通貨でありますので、
実力は確かなものと思いますが、
今後の伸びしろはどうでしょうか?

元々リップル自体は、
銀行間の取引に着目しています。

国をまたぐ、お金のやり取りは、かなり面倒くさい作業が発生します。

これを簡単に、早く、安く送金できる、というのが一番のポイントですね。

リップルと銀行

この利点に銀行側も利点を感じて、というか

乗らざるを得ない状況に追い込まれているのでしょう。

銀行は30年くらい前までは、社会の真ん中にあった企業ですが、

今では斜陽産業と化しつつありますよね。

 

最近ではフィンテックが台頭し、

どんどん銀行が不要な世の中になってきています。

そんな中で、銀行が取り残されない様にするためには、

リップルの機能に乗らざるを得ない状況なのだと思います。

PIRO4D / Pixabay

 

リップルの構想

また、リップルが2015年10月に発表した
ILP(インターレジャープロトコル)は、
異なる決済ネットワークを取り持つ機能として
注目されています。

例えば、
世界中の銀行

クレジットカード

ペイパル

デビットカード

モバイル決済

なども、一つのシステムで扱えたり、

ビットコインや

イーサリアムなどの他の仮想通貨も

リップルのネットワークを経由してやり取りが可能になるということです。

 

また、
アマゾンやアリババなどのEC企業も取り込む構想もあり、

本当に構想通りになると、世界の中心にリップルが鎮座することになります。

 

リップルがインドを乗っ取る?

最近では、リップル社はインドへの積極的な進出を示唆しており、
インド市場のシェア50%を獲得すると鼻息が荒いです。

インドは中国を抜き、世界で一番人口が多い国になり、将来は20億人になるともいわれています。
その世界一の大国の銀行で使われるとなると、もう廃頽する可能性が無くなりますね。

wiganparky0 / Pixabay

 

リップルカンファレンスに元大統領!

また、今度リップルのカンファレンス「Swell」に

元米国大統領ビル・クリントン氏がスピーカーとして登壇します。

271277 / Pixabay

 

ビル・クリントンは、当時ボロカスに言われていたインターネットについて、

「次代を担う技術」ということで、業界を先導し新時代を築いたということで、

今、怪しいデジタル通貨である仮想通貨に対しても、

「お墨付き」を出すようなコメントをするのでは無いかと思われます。

 

あのマドンナが!?

アメリカの大御所歌手のマドンナが、

フェイスブックとリップル社と提携し、
1ヶ月間に渡って恵まれない子供たちのために寄付金を募るプロジェクトを行うということで、

リップルをまだ知らない層に対しても、今や一台広告企業のフェイスブックによるシェアにより、
広告費を掛けなくても、アメリカ人が好きな「寄付、ボランティア」の波に乗って、リップルが広まっていくでしょう。

リップルの今後の価格は?

リップルはここ数カ月間は、一定の価格に落ち着いていますね。

「5月に爆上げする!」「いや、6月に爆上げする!」というユーチューバーも居ましたが、

全く持って、爆上げしていないですね^^;

ビットコインとの関係を見てみると、
年末年始には、ビットコインが上昇した波にのり、ビットコインに増して価格が上がっていき、
その後は、ビットコインが3分の1に下がって行ったのに輪をかけて、価格が下がってきています。

 

今ではピークの8分の1の価格になっています。

直近で見ると、ビットコインとは相反する関係となっており、

ビットコインが上がると、リップルが下がり、

ビットコインが下がると、リップルが上がる、

という感じです。

ドルや円の法定通貨(フィアット)に対しては、ほぼ一定の価格をキープする感じになっています。

現在のリップルの価格はこちら

これを見ると、
ビットコインは、今後ETFの承認が通れば、5倍以上になるといわれていますが、

ビットコインの価格に、そのまま乗っかってリップルが5倍になるかというのは、

かなり厳しいのでは無いかと思われます。

ビットコインのETF上昇自体も半年から1年程度はかかる見込みですしね。

 

但し、前述の通り、
リップル自体には、色々と好材料が整っていますので、数倍までは上がる可能性があるかと思います

ですので、私の予測としては、

現在約50円程度のリップルですが、

今後1年くらいで、上値としては100円から150円くらいになるのでは無いかと思います。

 

基本的に私は、「成る様に成る」と思っていますので、今まで仮想通貨の予測自体をした事が無いですので、

参考にするかどうは、読者のあなたにお任せします。

また、投資についても個人の責任で行ってください。

 

まあ、仮想通貨ポートフォリオの一部として、リップルを入れておくのは正解だと思います。

5%か10%くらいを目安にしておけば良いかな、という感じですね。

 

それでは、半年から1年後くらいしたら、答え合わせをしましょう^^;

オススメの投資案件!!

ウォレットの真打ち登場!Quantwallet(クワントウォレット)

とうとう配当型ウォレットの決定版がでてきました!

今Quantwallet(クワントウォレット)は

仮想通貨業界大手が参入しているので、安心ですね!!

【SBLOCK】世界で爆発の高配当ウォレット

もう登録しましたか?

世界同時スタートし、

初期から数万人を超えるメンバーでスタートした

モンスターウォレットの『SBLOCK(エスブロック)』

 

本当にプラストークンを超えるのか?

その目で見てみましょう!

最激アツ案件『YouBank(ユーバンク)』

AIアービトラージだけではなく、

実際のビジネスに基づいた、しっかりした案件です。

シンガポールで仮想通貨業者を運営しているYouBank社と、

中国母体でカンボジアで政府承認の上で多角的に事業を運営しているCIF集団

共同で行っている事業です

注意)招待コード  akf6BOM
 必ず招待コードに入れて登録して下さい!
 そうでないと、私や、私の上のプロモーターからの
 分配ボーナスが受け取れません!!

 

 

高リターンの真打となるか!?『XTRADECHAIN』

XTRADECHAINは、まだスタートしたばかりの

アービトラージを搭載したシステムです。

まだ始まったばかりですので、

高ポジションを取れるチャンスです!!

-仮想通貨

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2019 All Rights Reserved.