投資理念 株式

株式投資はおすすめできるのか?

更新日:

卒サラです。

今回は、株式投資に対する考え方を記事にまとめました。

これを知らずに株式投資をするなんて無謀だと思います。

(実際、20年くらい前の私は無謀でした^^;)

大切な事を書いていますので、参考にして下さい。

 

■株式投資はおすすめできるのか?

 

一般的に、投資というと

株式投資、FX、不動産投資がありますね。

本当に、稼いでいる人は恐らく1割も居ないのではないでしょうか?

 

さらに、5年、10年、20年と稼ぎ続けている人はもっと少ないかと思います。

ひょっとしたら、あなたもそうではありませんか?

「少し儲かったこともあるけど、今回のコロナショックみたいなもので、一気に資産を減らした」

という人も多いのでは無いでしょうか?

今回は、投資の中でも株式投資について、下記の

・株式の歴史的背景

・株式投資に成功するための投資スタンス(時間や労力)

・株式投資の期待値

・株式投資のリスク

などについて、フレームワーク的に改めて検証してみました。

 

「なんとなく儲かりそうだから」

「皆がやっているから」

「雑誌で取り上げられているから」

と何も考えずにスタートする(した)方も多いと思いますが、

 

「こんなはずじゃ無かった」

「全然取引できない」

「どうやっていけばよいか分からない」

と、なってしまう方が大半だと思います。

 

まずは株式投資を、投資という分野として視座を高くして俯瞰してみる、

という視点で見て、一体どういう風な立ち位置で投資をすることになり、

どういう期待(リターン)が持てるのか?

を解説したいと思います。

 

「投資しよう」⇒「みんなやっているので株式投資だ」

ではなく、

この内容を理解した上で、

「やっぱり株式に投資してみる!」

「株式投資は、自分には合わないので、違うものに投資する!」

という自分の方針を決めてほしいと思います。

 

株式投資をまだやってい無い方も、既に始められている方も、

一度立ち止まって、確認して頂きたい内容だと思っています。

 

■日本株について考えてみる

 

なが~いスパンで日本株式を考えてみると、

1970年の2000円程度から考えると、

1990年のバブルで38000円となったので、

この20年で考えると、約20倍になっています。

しかしその後は、上がったり下がったりを繰り返していますね。

(出展:kabutan.jp)

いわゆる、『平成の失われた30年』と呼ばれています。

 

実際その通りで、株価としては、ほとんど変わらない、というよりも、

バブルのピーク時には全然とどいていないので、

そういう意味では下がっているといっても良いです。

 

途中、ソニーショックやリーマンショックで

7000円台になったり、2万円を超えたり、

2018年から2019年は24000円をマークしたこともありますが、

今回の新型コロナウイルスの影響で、また2万円を大きく割っていますね。

 

20年間、行ったり来たりしている相場の中で、

あなたは、果たして稼ぎ続けられるのでしょうか?

 

日経225でいうと、勿論タイミング良くエントリーできたりすれば、

大きく資産を増やせる可能性もありますが、大きく下げる場合もあり、

素人が手を出すにはかなりリスキーです。

バブル後の最安値が7000円程度ですので、

その前後の10000円で買っていたとしても、

その1.5倍の15000円や2倍の2万円になるには、

5年、10年経っていますので、かなり根気の必要な投資になります。

 

恐らく素人で勝てたのは、この瞬間だけだったと思います。

銘柄によっては2倍、3倍でなく、10倍以上になったものもあります。

 

本を出していた人も、単にこのバブル崩壊からの復活時期に投資していただけ、

という方も多かったです。

勿論後付けでの解説ですので、本を出している著者も実力が無いまま

儲けている可能性も大いにあります。

 

私も何冊も株式の本を買いましたが、

当時はまだ投資へのリテラシーも低く、よくわかりませんでしたが、

結構こういう勢いだけの、「本を出したい」、「知名度を上げたい」方が居られたのが

分かって、愕然としました。

 

■どうすれば、株式投資で成功できるのか?パターン1

 

価格が上昇する株を仕込んで、数日~数か月単位で利確する。

いわゆる王道パターンですね。

 

基本は買いのみです。

もし、サラリーマンで、画面をずっと見続けてトレード出来ない場合は、

デイトレードとかは無理ですので、こういうやり方しかできません。

 

長く相場に置いておくことによって、株価が高くなることが期待できます。

しかしその一方、相場にさらしておくことにより、

今回の新型コロナウイルスの様な、数年に一度の大相場に合う可能性もあります。

大相場でなくても、下がる場合はあります。

この20年は右肩上がりではなく、ざっくり1万円から2万円程度を

上がったり下がったりしているということは、

上がるのも、下がるのも50%ずつ、ということになります。

 

普通に投資していたら、儲かるのは半々ということですね。

なので確実に儲けるためには、どの会社の株式を購入するのか、

を上手に選択する必要があります。

 

大きく下がったタイミングでなく投資するのであれば、

かなり銘柄を厳選して投資する必要があります。

 

また、ノウハウや相場を見抜く能力が必要です。

雑誌やYouTubeなどで、色々と情報を得ることはできますが、

全てが本当とは限りません。

 

ほとんどのコメントをしている方は、

・原稿料を貰うことを目的としていたり、

・ポジショントーク(自分の買っているものを推して、皆が買ってもらうようにする)

をしていることも多く、実際に株式投資で成功している方とは限りません。

 

それを素人の私達が、見抜いていく必要があるのです。

どれくらい上手くいくか、分かりますよね?

 

本当に上がっていくのかどうかも分からないまま、

塩漬けになり、5年、10年待つことになるかもしれませんね。

 

勝ちパターンとは言いましたが、

この勝ちパターンにハマって成功している人は、恐らく5%も居ないでしょう。

 

何故かというと、銘柄選びを成功し続ける必要があるのですから、

10年以上株式投資で成功し続けている人は1%も居ないと思います。

一般人からすると、バクチと何も変わりません。

 

■どうすれば、株式投資で成功できるのか?パターン2

 

もう一つのパターンはいわゆるデイトレです。

証拠金取引を行い、買いも売りも行います。

 

株式は日中のトレードになりますので、

その間はFXをするよりは短い時間になると思いますが、

ある程度張り付くことが必要ですの、サラリーマンでは無理ですね。

 

なので、FXで成功した!という人が、

よく、「主婦」とか「学生」とか「ニート」だったりします。

 

なんせ、サラリーマンよりは、よっぽど時間が取れますので、

当たり前といえば、当たり前ですね。

 

「主婦でもできる!」ではなくて、「主婦だからできた!」のです。

 

とにかく、デイトレするためには、

サラリーマンであれば、まずは卒サラする必要があります。

 

卒サラした後で、給料が入ってこなくなった段階で、

勉強して株を買っていくことになります。

利益を出さなければ、生活の退路を断たれてしまう、という状態になります。

本当の意味での「卒サラ」というよりは、単に「脱サラ」だけですね。

 

こういった場合、ほとんど失敗します。

失敗すれば、焦って取引するので、余計に失敗してしまうのが人間です。

現在サラリーマンをしているのであれば、全くオススメできません。

この勝ちパターンは、比較的お金にも余裕があり、

主婦や大学生の様に、お昼間に時間のある方しかできないパターンになります。

 

 

■株式配当について考えてみる

 

株式には、株価が上がったら売る、というキャピタルゲインとは別に、

配当というインカムゲインがあります。

 

1年もしくは半年ごとに、配当されます。

平均的には、通常であれば4%程度の配当があります。

言い換えれば、金利が4%付くのと一緒ですね。

 

なので、株価が1年間変わらなくても、

この配当が貰えると4%程度の利益がでたと言えます。

 

その配当以上に相場の波にさらされてはいますが、、

長く置いておく、ということであれば、

毎年4%の利益を取っても、良いと思います。

 

しかし、もともと資金のある方、例えば数千万円以上あるのならば、

年率4%の配当でも良いかも知れませんが、

資金が少ないのであれば、物足りない可能性が高いですね。

 

■株式優待を考える。

 

株式には、株式優待という「おまけ」がありますね。

日本人って、本当に「おまけ」に弱いんです。

 

有名な株式優待おじさんが居ますが、

沢山株式を持っていて、優待券を山ほど貰っています。

 

この優待券を使うために、自転車で走りまわっているのを何度かテレビで見かけました。

 

テレビの番組的にはそれはそれで面白いかもしれませんが、

あくまで、それはエンターテインメント的な面白さだけですね。

 

本来は、お金を儲けて自分の目的のためにお金を使う、というストーリーがあるべきですが、

優待券を使い切る(それも全く役に立たないものも多い)ことが目的となっていて、

それこそ、本当の意味で『本末転倒』ですね。

 

株式で資産を築いて、やりたいことをやるのか、

株式優待を使うために時間もお金も浪費したいのか。。。

 

株式の雑誌では、「株式優待」がいつも特集組まれていますが、

本当に使うもので、その企業を応援するのであれば、株式を買っても良いかと思いますが、

そうでは無いのならば、株式優待は気にしないでおきましょう。

 

株式優待はあくまで「おまけ」です。

「おまけ」に弱い日本人を狙った手ですね。

「○○ポイント」でお客さんを集めるというのも、同じ話です。
(Dポイント、Tポイント・・・・)

 

「木を見て、森を見ず。」

「優待を見て、会社や相場を見ず」

相場を全く考慮しないので、こちらも典型的な負けパターンになります。

(たまたま大暴落後に買えば、上がっていくのでしょうけど。)

 

■米国株を考えてみる。

 

では、目線を日本から外して、海外ではどうでしょうか?

毎日ニュースでも取沙汰される、アメリカの株式を考えてみましょう。

 

「米国がくしゃみをすると日本は風邪を引く」

というくらい、日本の景気はアメリカに影響されています。

(ということは、上記に増して、日本株での投資は難しいということになります。。)

 

ダウ平均ですが、ここ40年で1000ドルが、

2万ドル越えと単純計算で約20倍になっています。

 

ダウだと、かなり偏った株式になりますので、

もっと広い意味で、アメリカ株を言うのであれば、S$P500になります。

S&P500については、ここ50年で100ドルが

3000ドル越えなので、単純計算で30倍になりますね。

と両方の指標で見てもかなりの右肩上がりとなっている。
(直近はコロナで下げていることがありますが、、)

 

日本株と同様に、2回ほど大きな下げがありますので、

投資するタイミングによっては、大きく資産を減らす可能性がありますが、

数十年単位でみると、日本の株式とは打って変わって、

概ね資産を大きく構築できると言ってよいです。

 

但し、ここ数年でアメリカ株も上がり切った印象も強く、

これからもまだ上がり続けるのかどうかは不透明感が強いですね。

新型コロナウイルスのショックで相場も弱気になっていますし。

 

5年から10年前であれば、アメリカ株をオススメできましたが、

現在はあまりお勧めできないということがわかります。

 

■素人ができる株式の最終手段

 

素人ができる、株式投資でのベストアンサーは、

ズバリ、「投資信託」です。

 

投資信託には、様々な種類があり、

日本の株式、米国の株式、世界の株式

や日本の債券や米国の債券など、様々な投資案件を組み合わせたものになっています。

 

もちろん、株式のみを取り扱っているわけでは無いですが、

私達素人は、きちんとした銘柄選定もできないので、

「堅実に稼いでいくけど、利率は低め」

「アグレッシブな銘柄で大きくリターンを狙えるけど、リスク高め」

などと、ある程度の方向性を決めてパッケージングしてくれています。

 

投資信託であれば、日本でも、アメリカでもなく、

世界全体に対して投資することができます。

 

これは、漫画『バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則』

にも、書かれていましたが、

一番良い方法は、投資信託の外国株インデックスに預けて、

世界全体の成長に投資する、というものです。

 

コロナウイルスなどのショックによる影響もありますが、

世界全体を長い目で見ると、おそらく成長していくに違いありません。

 

今回コロナウイルスで世界中の株価が下がっていますので、

今で投資していた人は少し損になったかと思います。

 

私も働いている会社で運用している資産は何割か下がりました。。。

しかし、今スタートするのであれば、好条件です。

コロナで株価が下がっている時こそが、買い時です。

 

10年、20年と長期で運用するのであれば、これで良いでしょう。

でも、やはり年率4%では、資金が無いとなかなかそれだけでは苦しいでしょう。

もっと加速的に資金を増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

 

■株式投資まとめ

 

株式投資という投資の「ひな型」としては、下記になります。

 

①スキルを磨くまで稼げるまでの時間が掛かる。【稼げるまでの時間】

 さらに、磨けるまでに市場から退出する可能性もある。

②単独ではスキルを磨くのは難しい。【稼げるまでの自己投資】

 一人で磨けない場合は、本や動画、セミナーや勉強会などの金銭的な自己投資が必要。

③売買する時にも時間が掛かる。【労働時間】

 下手すると、パソコンに張り付きになる。
 (取引時間が日中の時間に限られているのでFXよりもよほど短いが。)

④中長期投資の時に、資金をリスクに晒している時間が大きくなる。【リスク】

 スキルでは太刀打ちできない世界中で大きな市場の波乱がある。

 リーマンショック、ITバブル、コロナショックや、地震や津波の影響。

 *リスクを少なくしようと思うと、デイトレードになるが、
  日中の時間が取れる人限定になる。

 

これらの前提条件を、きちんと頭に入れてから、

本当に株式投資するのかどうか、を見極めてスタートして下さい。

 

ちなみに、私も過去は株式投資を行っていましたが、

銘柄選びや、株式相場の空いている時間を考えると、

到底サラリーマンには出来ないと思い、株式投資はやめました。

 

億を稼いでいるような人は、専業か、学生、主婦などですし、

大きく稼ぐためには、証拠金取引をすることが前提になってきますが、

大きな資金の価格が上下に振れるのを見ていたら、精神的に良くないですので。

 

大きな資金を稼げて、ドキドキせずに安心して投資できる案件の方が、

よほど自分には向いているのだと、最近改めて認識しました。

今のオススメ案件はこちらです。

 

オススメの投資案件!!

実業で確実に増やす!GXTT

事業が既に確立している
120日~180日で資金が2倍になる運用
500ドルから運用可能
配当は翌日から毎日配当される
✅約2年間の限定プロジェクト

プロの技術で資産が増える!

★少額(約1万円)から運用できる!
★並外れたFX取引プラットフォーム!

★運用はプロがするから安心!!
(あなたは、何も取引する必要ありません!)
★実績があり、全ての取引が確認できる!

 

-投資理念, 株式

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2020 All Rights Reserved.