SBLOCK 仮想通貨

SBLOCK(PlanFlash)10月大阪イベント参加してきました

投稿日:

SBLOCKの大阪イベント(10/12)に参加してきました。

TOPリーダー志村さんから

・仮想通貨のアービトラージは、
うまくやれば、150%くらい出るので、十分参加者に利益を還元できる。

・ブロックエコ
SBLOCKのネガティブキャンペーンがすごかったが、飛んだ。
通常の会社で考えると、他社を悪く言ってお客を集めるのはおかしい
SBLOCKは、他のネガティブキャンペーンはしない。

・他のウォレット案件は、日本人の参画者がいない。
SBLOCKは、会社側の人間、奥田さんが居る。

・利確はちょこちょこしておくこと。
スマホの中に会っても、ただの数字。
キャピタルゲインを得たいのは分かるが、自分のところに来て、初めてお金になる。

・SBLOCKのステーキングは、1回も出したことはない。
利益は少しずつ出している。

 

日本カントリーマネージャー奥田さんから

奥田さんの紹介

元々ICOアナリストをしていた。
400件以上のホワイトペーパーはすべて読んだ。

omisegoに興味があり、
ビタリック(イーサリアムの創始者でもある)に直接会ったときに、スカウトされた。

仮想通貨を調査するときは、直接責任者に会ったり、
その国に行ったりして仮想通貨を見極めている。

SBLOCKに関しては毎日香港のメンバーと話をして、情報をアップデートしている。
毎日5,60件はやり取りしている。

SBLOCKの現況

全世界でカントリーマネージャー35人(奥田さんのような)

6/15オープンから4か月経っており、ユーザは135か国に及んでいる
9/20でユーザ数は300万人を超えている。

初期は中国がすごかったが、今はインドで人数が増えている。
その他韓国、ベトナム、タイ、フィリピンでも盛ん。
日本人はメンバーが3万人居る。

SBLOCKウォレットについて

バージョン1.0の時は直接メインサーバーとアクセスしていたので、遅かったが、
バージョン2.0になり、マスターノードからのやり取りになって、メインサーバーの負荷が減り安定した。

1.0の時は、頻繁にアップデートしていたが、2.0になって、特に不具合もなく安定している。

 

SBOトークン

今後、どうやってトークンを法定通貨のように扱っていけるのか?
どういうことを目指しているかどうかが重要
それが、YouTubeでも公開されている。

 

他人の言う事は、その人のフィルターが掛かっているので、
すべてが正しいわけではない。
自分の目でしっかりと確かめてほしい。

アービトラージについて

カンファレンスでも実際に一部発表されていたが、
BITMEXという仮想通貨取引所で
8/7 300BTCがアービトラージ取引を行うことにより、
8/22 368BTCになっている。
2週間で約23%の利益を出してる。

これは、運用している口座の一つである。

複数の取引会社、複数のアカウントで運用している。
ハッキングの可能性もあるので、
すべて見せるわけにはいかない。

YouTubeでも、一部アービトラージは公開されています。

アービトラージで利益を出し続けるのはなかなか厳しい。
BITMEXは取引が早く、
ほとんどすべてBOTでの取引で利益を出している。
他社も色々な手を尽くすが、
SBLOCKも、日々改善をしていき、利益を出している。

 

今SBLOCKに対してネガティブキャンペーンやっている人は、
一般人では理解できない訳の分からない証拠を上げて、SBLOCKが危ないと言っている。

アービトラージシステムは、イーサだけではない。
上記のYouTubeの用に、BTC(XBTはBTCの単位)でも運用している。

取引所はウォレット内でもどこを使っているのか確認できるので、
証拠が不十分であることは分かると思う。

 

HDウォレット

アプリがバージョン2.0になって、アプリ内で
完全分散型のウォレットで、自分でウォレットを作成できる。

トランスウォレット(バイナンスと提携)などの
SBLOCKとは全くちがうウォレットとの連携が可能。
*12個のニーモニックで再生できる。

仮想通貨の退避先として、何かあったときに使うことができる。

SPAY

Sカードを条件をクリアしたから、配布される。
ユニオンペイに仮想通貨をチャージして使うことができる。
SBLOCK側には、手数料が入る。

これらはバーン(償却)の対象にもなる。

ATMも完成している。
日本に置けないか?本部とやり取りしている。
法定通貨に換えるので交換業の免許も必要とのこと。

SBLOCK価格

10/11で6.86ドル
4か月で680%上昇している。

もう終わりだという声噂があるが、

かなりの利益が出ているので、一部のコミュニティリーダーから、
「原資を抜いたらいいよ」、というアドバイスされて、
みんなが抜いていくことにより、

話が悪い方に行って、
「もうすぐダメになるから、早く全額抜いたほうがよい」
などと話しがねじ曲がって伝わっている。

 

PlanFlash

・SBOの利確を待っている間に複利運用するために作られた。

・基本は、1日あたり3SBO分、20日で90SBO分の利益が返ってくる
ノードにより月利30~120%となっている様子。

・どのノードに貸し出すかによって利益が違う
上位の分から出ているので、そこから選択すればよい。
DPUの処理にどれだけ貢献したかによって、利回りが変わってくる。

 

注意:PlanFlashは、SBLOCKとは違うアカウントが必要で、
SBLOCKでアカウントの連動が必要

PlanFlashの登録には、SBLOCKと違う招待コードが必要

PlanFlashはリース

PlanFlashは、自分が持っている仮想通貨をPlanFlashに預けることにより、配当を貰えます。

最短1か月からの契約で、契約が終了すると、

奥田さんに確認したところ、PlanFlashのウォレットに帰ってくるとのことです。

 

どのノード(プラン)が良いのか?

基本的にリターンの上位のものから並んでいるようですが、
毎日ころころと配当率が変わりますので、

ご自身でもいろいろなノードを借りることにより、
どのノードが良いのかは、色々と探してください。

同じ都市のノードでも、末端の数字が違うノードは、
リターンも変わってきますので、注意してください。

ノードを一つレンタルし1日置いて、
リターンが良ければ追加するという手もありますね。

但し、時間単位なので、2日後でないと丸一日分の成果は見えにくいです。

 

PlanFlash投資上限

一人の上限はありません。

一つのノード自体は、900以上のレンタル可能数があり、
ノード自体はスクロールする限り、数百はありそうです。

但し有限なので、人気が出たら、取り合いになるでしょう。
9/20にスタートして1か月後の10/20には、リターンの良いノードの取り合いが予測されます。

今のところ、中身を見ないと、空いているノードがあるかどうかわかりませんので、
もし、ノードの空きがない場合は、どんどんとスクロールして探していくしかありません。

この辺りは、今後アプリが改善されると思います。

 

SBOをSBLOCKからPlanFlashへ送金できる条件

・自分の直紹介の方の30日以内のステーキング量の10%分
・自分のステーキング金額
どちらか低い方になります。
直近でどちらかがステーキングしていなければ、ゼロになります。

もし、あなたのSBLOCKウォレットで送金可能量がゼロになっていれば、そういうことです。

SBOが使えない場合は、
BTC、ETH、USDTをPlanFlashに送って、運用も可能です。

リースの期間が終われば、運用益と元本がウォレットに返される。

SBOで運用すればSBOが、
BTCで運用すればBTCが、
ETHで運用すればETHが配当される。

1日あたり3SBO分、20日で90SBO分となるので、
SBOの価格が変われば、配当が変わる場合があります。

 

DAOについて

DAOの概要

分散型自治コミュニティ
SBLOCK以外のコミュニティをSBLOCKに引き込むツール

例えば、他のウォレット等の案件で被害にあったコミュニティがあれば、

それをSBLOCKに入って、被害額を申請して認められれば、
SBLOCKにステーキングした分に比例して、被害額を合わせた金額をステーキング量とする、

現在の懸案点

・既存のユーザの利益を損ねていないか?
・「そんなことをしなければ、SBLOCKが続かないのか?」と一般人に思われないか?
という懸案点があるので、日本ではまだ正式に案内していない。

DAOについては、他の投資案件を行っているMLMのグループを
ごっそりとSBLOCKに移動が可能になるので、

他の案件を行っているグループは、かなり気が立っている様子で、
さらにネガティブキャンペーンを行ってくると思われる。

SBLOCKの6/15オープン時に日本市場で少し統制が取れていなくて、
混乱を招いたことがあるので、
DAOについてはきちんと精査してから展開する予定。

日本市場が落ち着いてから、進めていこうと思っている。

 

SBO上場

10月11日の朝に、SBLOCK運営から連絡があり、
元々11月にと言っていたアップデートのお披露目が
急遽前倒しで10/27にプーケットで開催されると案内があった。

なので予定していた沖縄のミーティングはキャンセルとする。

このミーティングの後で、下記の案内が来ていました。
恐らくこの影響で、予定が変わったのだと思います。

SBLOCKが12月1日WBFへの上場承認が降り、
正式に取引所への上場が決定したことを発表されています。

以下日本語訳です。
=============

SBLOCK Foundationは現在,国際的に知られる仮想通貨取引所からの招待を受諾しました。
SBLOCKは、WBFエクスチェンジ(WBFex)の上場要件を満たし,SBOは2019年12月1日に上場される。

仮想通貨取引所への上場時には、市場へのSBOの供給は最大30%となり,残りは財団の支援者のために保留される。
現在SBOを保有している方には,上場時に現在の保有量の15%を超えない無料トークンが配布される。

Sブロック財団
2019年10月12日
=============

*以上の項までは、すべて聞いたり見たりした事実をまとめており、
以下が私見になります。

【重要!】SBLOCKとPlanFlashは別物!

PlanFlashの詳細を確認しましたが、全く別ものだということです。

元々SBLOCK自体もマスターノードの開発を行っていたが、
それよりも、すでにマスターノードの開発を完了している
PlanFlash社のものを使う使う方が良いと判断し、提携したということ。

こういうM&AがさらにSBLOCKを加速させている様です。

なので、完全にSBLOCKとPlanFlashは、別会社の別アプリということで、
万一SBLOCKがダメになったとしても、PlanFlashに被害が及ぶことは少なく、
(おそらく預けているSBOだけがダメになる)

また、万一PlanFlashがダメになったとしても、
SBLOCKに被害が及ぶことは少ないと思われます。

従って、2つの別の案件に投資している、という理解で、
私たちも、投資をしていけば良いと思います。

 

卒サラの今後の見解

先日、下記の記事でSBLOCKの利確について書きました。

SBLOCKとYouBank後の資産運用方針について

 

上場前はコントロールされているので、価格については安心して見ていられますが、

12月1日の上場後、SBLOCKの価格がどうなるかはわかりません。

 

約4か月の値動きを見ると、平均して、毎日1.6%増えており、

11月末には、14ドル弱まで価格が上がる見込みです。

10月12日が約7ドル弱ですので、あと1か月半で約2倍になりますね。

 

現在ステーキングしておられるのであれば、
価格が上がっても、下がっても、配当分の投資効率は変わらないので、
そのままステーキングしていれば良いかと思っています。

SBOトークンが上がったのであれば、単純に嬉しいですし、
SBOトークンが下がったのであれば、それだけトークンの枚数を増やせるチャンスなので、
今後のことを考えると、それはそれで

SBOトークンに関しては、
PlanFlashで運用できない分は、半分くらい利確してもよいかな、と思います。

もちろん原資の確保が最優先です。

もし、どうしたらよいのか分からなければ、
BANDの方で、私のの方まで相談下さい。

 

オススメの投資案件!!

世界中で運用!仮想通貨業界 最新の稼ぎ方

SBLOCKをやっていない方も参加可能で、
BTC、ETH、USDTを活用することにより資金を増やせます!

「仮想通貨を預けることによりその利息を得られる」
という、仮想通貨のレンディングサービスです。

最激アツ案件『YouBank(ユーバンク)』

AIアービトラージだけではなく、

実際のビジネスに基づいた、しっかりした案件です。

シンガポールで仮想通貨業者を運営しているYouBank社と、

中国母体でカンボジアで政府承認の上で多角的に事業を運営しているCIF集団

共同で行っている事業です

注意)招待コード  akf6BOM
 必ず招待コードに入れて登録して下さい!
 そうでないと、私や、私の上のプロモーターからの
 分配ボーナスが受け取れません!!

 

 

ウォレットの真打ち登場!Quantwallet(クワントウォレット)

とうとう配当型ウォレットの決定版がでてきました!

今Quantwallet(クワントウォレット)は

仮想通貨業界大手が参入しているので、安心ですね!!

-SBLOCK, 仮想通貨

Copyright© 【卒サラ研究所】公式サイト , 2019 All Rights Reserved.